ネアンデルタール人の男性の頭蓋骨。食物の咀嚼により歯がすり減った結果、上下の前歯がぴったり合わさる切端咬合になっている。人類の歯のかみ合わせは、その歴史のほとんどの期間、切端咬合だった。(PHOTOGRAPH BY LIGHTREIGN, ALAMY)
[画像をタップでギャラリー表示]

「f」や「v」の発音は、食事の変化によって生まれたのかもしれないとする研究成果を、スイス、チューリヒ大学の言語学者のチームが3月15日付け学術誌「サイエンス」に発表した。

 生体力学と言語学的証拠にもとづいた今回の研究によると、農耕の開始にともなって柔らかい食物を食べることが増えた結果、人類の歯のかみ合わせが変化し、「f」と「v」の音を発音しやすくなったというのだ。「私たちの研究をきっかけに、言語の特徴の一部が生物学と文化の間にあるものとして研究されるようになってほしい」と、論文の筆頭著者のダミアン・ブラーシ氏は語る。(参考記事:「食べ物で顔はこんなに変わる」

 この仮説が裏付けられれば、文化の変化に起因する生物学的変化が、言語の変化をもたらしたことを示す、初めての例となる。

食文化が変わり、言葉が変わった

 ブラーシ氏らは、歯のかみ合わせの変化が必ずしも言語の変化をもたらすわけではなく、また、ほかの原因による言語の変化を否定しているわけでもないと強調する。彼らはただ、かみ合わせが変わったことで、「f」や「v」の音が出現する可能性が高くなったと言っているだけだ。歯の専門家など、ほかの分野の科学者の一部は、彼らの仮説に理解を示している。(参考記事:「ヨーロッパ諸語のルーツは東欧。DNA分析で判明」

「かみ合わせは進化に深く根差した特徴で、種が共有するひとつのパターンです。ヒトやヒト族だけでなく、大型類人猿でも同様です」と、今回の研究に関わっていないチューリヒ大学の古人類学者マルシア・ポンス・デ・レオン氏とクリストフ・ゾリコファー氏は、メールでの質問に共同で回答を寄せた。「数百万年の進化の果てに、かみ合わせが言語の多様性と関係をもつことになるなどと、誰が想像したでしょう?」(参考記事:「オンラインで公開、絶滅危機言語の辞書」) 

 オーストリア、ウィーン大学の生物音響学の専門家であるティカムザ・フィッチ氏は、この研究はさまざまな仮定に依拠しているものの、「著者らの主張には妥当性があると思います」と評価する。なお、フィッチ氏も今回の研究には関わっていない。「言語にかかわる生物学的な制約が、文化の変化に伴ってどのように変わってくるかを示す、これまでで最も説得力ある研究です」

次ページ:「f」や「v」を発音しやすくなった理由

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

科学の誤解大全

当たり前だと思ってきた科学の常識を覆す本。宇宙、物理、科学、人体などのジャンルで約40個の“事実”の間違いを解説する。

定価:本体1,300円+税