食事の変化が「f」「v」の発音を生んだ、研究

ネアンデルタール人の男性の頭蓋骨。食物の咀嚼により歯がすり減った結果、上下の前歯がぴったり合わさる切端咬合になっている。人類の歯のかみ合わせは、その歴史のほとんどの期間、切端咬合だった。(PHOTOGRAPH BY LIGHTREIGN, ALAMY)

【元の記事へ戻る】