古代エジプトを救った3人の王妃 反撃の物語

紀元前16世紀のエジプトには、侵略者ヒクソスを退けた、力強く賢い3人の王妃がいた

2019.03.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
その死後、何世紀にもわたって信仰を集めたイアフメス・ネフェルタリ。写真は第20王朝の石碑に描かれた姿。大英博物館。(PHOTOGRAPH BY BRITISH MUSEUM/SCALA, FLORENCE)
[画像のクリックで拡大表示]

 古代エジプトでは、苦難が続く時代を、女性の支配者を戴くことで乗り切った例がいくつもある。ハトシェプストからクレオパトラまで、ナイル川に面したこの国を、女性たちは見事に治めてみせた。初期の女性支配者の中には、侵略者を追い出し、より強い王朝を誕生させた者もいる。

ヒクソスがエジプトを奪取

 紀元前18世紀末、古代エジプトへ異国からの侵入者がやってきた。この出来事について、それから1000年以上後のエジプトの歴史学者マネトが記している。侵入者はマネトが「ヘカ・カスト」(異国の支配者)と呼ぶ人々で、後にギリシャ語で「ヒクソス」と呼称されるようになった。ヒクソスは、現在のイスラエルがあるあたりの出身と考えられ、ヒクソスがエジプトに侵入してきたのは、第13王朝の時代のことだった。

 古代エジプトは、侵入者による制圧を紀元前1650年頃まで防いだものの、その後、軍事力を蓄えたヒクソスが王都メンフィスを圧倒的な力で占領し、エジプト中王国は滅亡する。(参考記事:「アレクサンドロス大王の墓、21年がかりで探求」

 ヒクソスの手に落ちた北部(ナイル下流)から、南部へと逃れた人々はテーベ(現在のルクソール)を中心にして、王妃たちが率いる新しい王朝を誕生させようとしていた。

 一方、ヒクソスは第15王朝を打ち立て、それから1世紀にわたってエジプト北部・中央部を支配した。同じ時期、南部では、一帯を支配していた人々を中心にして第16、17王朝が設立される。

ギャラリー:王妃イアフへテプの墓の財宝(画像クリックでギャラリーへ)
金とラピスラズリで飾られた腕輪。王妃の先祖であるペェとネケンの魂が描かれている。ひざまずき、腕を上げた姿は、儀式や祝祭に使われる「ヘヌ」というポーズ。(PHOTOGRAPH BY KHARBINE-TAPABOR/ART ARCHIVE)

次ページ:反撃に出た王妃たち 

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

古代史マップ

世界を変えた帝国と文明の興亡

古代世界の勢力の変遷や時間の流れを視覚的に理解できる!

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加