米国のイエローストーン地域でエルクの死骸の上に座る生後4カ月のピューマ。ラッキーという名前で呼ばれている。(PHOTOGRAPH BY STEVE WINTER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 ピューマが、大きなエルク(アメリカアカシカ)を仕留めた。そこは「死」の現場であると同時に、多様な生命を育む場にもなる。

 ピューマはおとなでも体重50キロほど。体重300キロにもなるエルクの肉をすべて平らげることなどできない。2018年11月に学術誌「Oecologia」に発表された研究によると、その食べ残しには、驚くほど多様な生物が集まってくるという。(参考記事:「動物大図鑑 ピューマ」

 研究チームは2016年、米国イエローストーンで、ピューマが仕留めた獲物に集まってくる甲虫を調査した。食べ残しとなった18頭の死骸のそばに落とし穴式トラップをしかけ、集まってくる甲虫を採集。そこから20メートルほど離れた場所で集めた虫と比較した。(参考記事:「自然保護の実験場 イエローストーン」

 わかったのは、驚くべき事実だ。

 死骸がない場所で集まった甲虫が4000匹強だったのに対し、死骸のそばでは合計2万匹を超える甲虫が集まった。その半数以上はシデムシ科の1種(northern carrion beetle)だったが、全部で8つの科にまたがる215種もの甲虫が見つかった。(参考記事:「【動画】死骸に産卵するシデムシ、驚異の子育て術」

腐肉に卵を産みつけるシデムシの仲間。(PHOTOGRAPH BY DARLYNE A. MURAWSKI, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 今回の論文の共著者であるマーク・エルブロック氏は、「こういった場所で、どれほど複雑なことが起こっているのかがよくわかります。まったく知らなかった種を含め、あらゆる虫が見つかりました」と語る。エルブロック氏は、野生のネコ科動物の保護団体「パンセラ」でピューマの保護を統括しており、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもある。

次ページ:意外な生物も

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

ミラクル昆虫ワールド コスタリカ

昆虫とともに暮らす著者の、ちょっと変わった昆虫中心生活。奇妙で面白い昆虫写真が満載!

定価:本体1,800円+税