隕石衝突まで恐竜は減っていなかった、新研究

今から約6600万年前、ティラノサウルス、エドモントサウルス、トリケラトプスなどの恐竜が歩き回っていた頃の北米の氾濫原の復元図。(ILLUSTRATION BY DAVIDE BONADONNA)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー