封印されていた古代マヤの洞窟、祭礼品が多数出土

大マヤ帯水層プロジェクトの調査隊がバラムク洞窟で偶然発見した「宝の山」とは

2019.03.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギャラリー:封印されていた古代マヤの洞窟、祭礼品が多数出土 写真8点(画像クリックでギャラリーページへ)
香炉で燃やされた有機物を分析すれば、マヤの人々がこの洞窟を使っていた時期など、多くの貴重な情報が明らかになる。(PHOTOGRAPH BY KARLA ORTEGA)

 メキシコのユカタン半島にあるマヤの古代都市チチェン・イッツァ。その地下には、いくつもの洞穴が連なる洞窟系があり、バラムク(ジャガーの神)洞窟と呼ばれている。そこで聖なる泉を探していた考古学者たちが、儀式用の品150点以上を発見した。偶然の発見だったが、1000年以上手つかずだったこの品々には、古代マヤの盛衰の手がかりが潜んでいるかもしれない。この洞窟の発見は、2019年3月4日、メキシコシティで行われたメキシコ国立人類学歴史研究所(INAH)の記者会見で発表された。(参考記事:「中南米に残るジャガー信仰、人をのみ込む秘薬」

 バラムク洞窟は、1966年に農民たちによって最初に発見された。その後、調査を行った考古学者のビクトル・セゴビア・ピント氏は、たくさんの考古学的遺物が存在すると報告書に記述したものの、遺跡の発掘は行わず、入口を封印するよう農民たちに指示した。そして、この洞窟の発見に関する記録は、すべて失われたと考えられていた。

 2018年、50年以上封印されていたバラムク洞窟に調査隊が入った。ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーであるギレルモ・デ・アンダ氏をはじめとする大マヤ帯水層プロジェクト(GAM)の調査チームが、チチェン・イッツァの地下水面について調査するためだ。この調査には、米ナショナル ジオグラフィック協会も支援している。(参考記事:「世界最大の水中洞窟にマヤの神殿跡、古代ゾウも」

 デ・アンダ氏は、何時間もバラムク洞窟の暗く狭いトンネルを腹ばいになって進むと、ヘッドランプが突然まったく予期せぬものを照らし出した、と振り返る。それこそ、チチェン・イッツァのかつての住人たちが残した捧げものの数々だった。無傷で非常に保存状態がよく、香炉や花瓶、飾り皿などの品々のまわりには石筍(洞窟の天井から落ちる水滴で、地面から上に伸びて成長した石)ができていた。(参考記事:「マヤのピラミッドに科学のメス、謎を解明へ」

「私は言葉を失い、思わず泣き始めていました。チチェン・イッツァの聖なるセノーテ(泉)から見つかった人骨を分析したこともありますが、あの洞窟に一人で初めて入ったときの感動にはとうてい及びません」。デ・アンダ氏はそう語る。同氏はINAHの研究者で、ユカタン半島の帯水層の調査や保護を行っているGAMプロジェクトの責任者でもある。(参考記事:「陶器と骨、マヤ遺跡のセノーテ」

 デ・アンダ氏は、こんな言葉も口にする。「この品物をここに供えたマヤの人々の存在を感じられるようでした」

【独占動画】ジャガーの神の洞窟、バラムクの内部
バラムク洞窟内の狭いトンネルを長時間はい進んだ考古学者たちの前に現れたのは、1000年にわたって眠っていた品々だった。(解説は英語です)

異例の再調査

 これまでの調査で確認されたのは、バラムク洞窟の入り口付近にある儀式用の洞穴7つだけだ。しかし、そこに入るだけでも、腹ばいになって狭い通路を数十メートルも進まなければならない。前述のセゴビア氏による洞窟の報告書(米カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校の考古学者で、GAMの調査チームの一員でもあるジェームズ・ブレイディ氏が最近発見した)には、155点の出土品が記されており、トルテカ帝国時代に雨の神として信仰された「トラロック」の顔を模したものや、聖なる木「カポック」の模様でマヤの宇宙観を表現したと思われるものが含まれていた。なお、1959年には、近くにあるバランカチェ洞窟で儀礼場が発掘されたが、そこからは70点の品しか見つかっていない。(参考記事:「古代メキシコの神殿で大量の頭蓋骨発見」

次ページ:神聖な地下世界への入り口

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

消滅遺産

もう見られない世界の偉大な建造物

現地へ行っても残っていない、失われてしまった姿を写真で見る。世界から消えても、記録は残った。

定価:本体2,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加