【動画】オポッサムを食べるタランチュラ、初記録

無脊椎動物が脊椎動物を襲う例を15件報告、最新研究

2019.03.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】タランチュラがオポッサムを捕食する驚きの光景が目撃された。(解説は英語です)

 クモやムカデといった無脊椎動物は、思いのほか多く脊椎動物を食べる「アマゾンのハンター」であることが、新たな研究で示された。

 研究チームは、2019年2月28日付けの学術誌「Amphibian & Reptile Conservation」に、無脊椎動物が狩る側で、脊椎動物が狩られる側という15の事例を報告。クモなどの無脊椎動物が、オタマジャクシやトカゲ、ヘビを食べる写真と映像を撮影し、証拠を集めた。なかでも初の観察例として、タランチュラがオポッサムを捕食する姿を報告している。(参考記事:「動物大図鑑:オポッサム」

 無脊椎動物が脊椎動物を襲ったという記録は以前からあるが、今回の研究では、いかに多くの脊椎動物が犠牲になっているかについて、より詳細なデータを提示している。「脊椎動物をエサとする無脊椎動物は珍しくありません。しかし、これまで両生類や爬虫類の死因として重大とは考えられていませんでした」と研究リーダーを務める米ミシガン大学の生物学者ルドルフ・フォン・メイ氏は言う。

「こうした関係について、私たちの知見が限られているのです」

見つけた時には動いていた

 フォン・メイ氏の研究チームは、南米ペルー低地の熱帯雨林で、ほぼ夜間に調査を実施した。暗闇に覆われた森には、8本足のハンター、特に徘徊性のクモがあふれている。(参考記事:「タランチュラの新種7種を発見、過去最高の標高で」

「夜、目につくのは、ものすごい数のクモです。地面や葉、枝などあらゆる物の上にいます」とフォン・メイ氏は話す。「夜に調査を行うと、クモが獲物を抱えているのを目にすることがあります。通常は、コオロギやガなどの無脊椎動物ですが、時には、カエルやトカゲの場合もあります」

 また、研究チームは、ムカデに襲われた2匹のヘビの死骸を回収したこともあった。そのうちの1匹は、毒を持つサンゴヘビだった。

 これまで見たことのない光景を目の当たりにしたのも夜だった。巨大なタランチュラがオポッサムを捕食していたのだ。

ギャラリー:ぞわぞわする? タランチュラの写真9点(画像クリックでギャラリーページへ)
全身に毛が生えた大型のクモ、タランチュラ。ここでは8種類のタランチュラを9点の写真で紹介する。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

次ページ:カエルと共に暮らすタランチュラも

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

今の科学でここまでわかった 世界の謎99

古代文明から超常現象、宇宙、生命まで、ミステリーの全カタログ。好奇心をかき立てる『世界の謎』99個を集め、科学の眼で迫ります。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加