北米の五大湖沿岸に「氷津波」が襲来 原因は?

湖の氷が陸地に押し寄せて起こるこの現象、1820年代から目撃されている

2019.02.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年2月25日、カナダのオンタリオ州フォートエリー、マザーパークの湖畔に大きく積み上がった氷のそばを歩く家族。前日の暴風により、エリー湖の防氷堤が壊され、浮氷が護岸壁を越えて岸に乗り上げている。(PHOTOGRAPH BY TARA WALTON, THE CANADIAN PRESS/ AP)
2019年2月25日、カナダのオンタリオ州フォートエリー、マザーパークの湖畔に大きく積み上がった氷のそばを歩く家族。前日の暴風により、エリー湖の防氷堤が壊され、浮氷が護岸壁を越えて岸に乗り上げている。(PHOTOGRAPH BY TARA WALTON, THE CANADIAN PRESS/ AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 北米の五大湖周辺に冬が到来すると、やってくるのが氷の津波だ。湖面から氷の壁が立ち上がり、湖岸沿いに押し寄せて大きな山をつくる。 (参考記事:「凍り付く五大湖」

 この「氷津波」の中には、街灯や護岸壁をのみ込むほど大きくなるものまであり、ドラマ用のセットと見まがうほどだ。不気味な現象は、湖面で砕けた氷が強い風で岸に運ばれて積み上がって起こる。

 2019年、五大湖周辺地域では2月下旬に風速30メートル近い強風が吹き荒れて氷津波が発生した。飛行機の運行が遅延したり、停電が発生したりする中、ソーシャルメディアや地元消防のホームページに、ビーチ、道路、湖畔の住宅まで押し寄せる氷の塊の写真が投稿された。

 ニューヨーク州、エリー湖畔のフーバービーチに住むデーブ・シュルツ氏は「これまでも嵐はありましたが、この規模は初めてです。氷が壁に押し寄せて、自宅のテラスにまで入ってくることなんて、これまでありませんでしたよ」と、テレビ局の取材に答えている。 (参考記事:「アメリカ、記録的寒波の背景」

【参考動画】スペリオル湖上に積み重なる、ガラスのように美しい氷片(解説は英語です)

 さかのぼると、古いもので1822年の米国のアマチュア研究家が氷津波を観測した記録が残る。「地面の岩が、横に並んだまま、障害物を乗り越えて前進して来る。……その様は、まるで海の神ネプチューンの支配から抜け出そうとしているかに見える」。ちなみに、湖の氷が動いて岩を移動させるという事例は、1825年以降、北半球の科学者たちの報告例がある。 (参考記事:「黄金の五大湖、ISSより」

 氷津波は、氷がもろくなり始める早春に起こることが多い。また、傾斜の緩やかなビーチに強風が直接吹き付けるときにも発生する。これは、ビーチの傾斜が小さいと湖水が氷を押し上げやすくなるためだ。

 こうして形成される氷の山は、非常に大きくなることもあり、2001年にアラスカのチュクチ海で見られた氷津波は、5メートル近い高さになった。

 風だけでなく、急激な気温変化でも氷が岸へと移動することがある。これは気温の変化で氷が膨張したり縮小したりするためだ。風と急激な気温変化の両方が組み合わさると、湖の氷は湖底の岩をも動かし、さらには湖岸へと押し上げて「アイスプッシュランパート」(氷に押された塁壁の意)と呼ばれる「岩の尾根」を形成するまでになる。

 岩の大きさは平均で直径45〜90センチ程度だが、直径1.5メートルという大きなものも確認されている。湖岸に押し寄せた岩がつくる土手状の地形は「氷堆石(モレーン)」と呼ばれる、これは氷河が削り取った岩で堆積してできる地形と似ている。ちなみに、長く連なった岩の土手を手がかりに、研究者は湖の水位の変遷や氷の活動を調べている。 (参考記事:「空から見た、衝撃的すぎる地球の風景」

マイナス40℃の町で人々はどう暮らしているのか? 写真11点(画像クリックでギャラリーへ)
マイナス40℃の町で人々はどう暮らしているのか? 写真11点(画像クリックでギャラリーへ)
シベリア、ヤクーツクの街角にたたずむ人影。(STEEVE IUNCKER, AGENCE VU/REDUX)

北米の五大湖で発生した「氷津波」。湖面で砕けた氷が強風で折り重なり、樹氷のように大きな柱になって岸へと押し寄せる

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=MICHAEL GRESHKO/訳=北村京子

おすすめ関連書籍

写真で比べる地球の姿

FRAGILE EARTH

◆TIME誌が「今年のベスト5に入る」と評したビジュアル本。 ◆世界108カ所の撮影地を、事例別に掲載。 ◆350点以上の写真、図版・CGで、変わる地球の姿とその理由・仕組みを解説。

定価:4,180円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加