9600万年前にいまの北米にいたティラノサウルス類の新種、モロス・イントレピドゥス(Moros intrepidus)の復元図。(ILLUSTRATION BY JORGE GONZALEZ)
[画像をタップでギャラリー表示]

 強大なティラノサウルス・レックスは、その名が示す通り「暴君トカゲの王」だったかもしれない(「ティラノ」は暴君、「サウルス」はトカゲ、「レックス」は王の意味)。しかし、その祖先も王族のような生活を送っていたわけではない。小さく、ひょろっとした体つきをしており、足が速く、自分よりはるかに大きな肉食恐竜の影に隠れるような生活に適応していた。(参考記事:「ティラノサウルスから走って逃げることは可能」

 そんなTレックスの祖先の化石が米ユタ州で見つかり、2月21日付けの学術誌「Communications Biology」に論文が掲載された。モロス・イントレピドゥス(Moros intrepidus)と命名されたこの新種は、9600万年前のもので、体重約77キロ、体高1.5メートル足らず。白亜紀にいまの北米にあたる地域に生息していたティラノサウルス類(上科)としては、最も小さい部類だ。

 現在、古生物学者は、この化石から、北米のティラノサウルスが弱者から王者に登りつめた過程を解き明かそうとしている。モロスの化石は、北米で見つかった白亜紀(1億4500万年前〜6600万年前)のティラノサウルス類の骨としては最も古い。これまでより1500万年も前のものだ。

「モロスは、ティラノサウルスが北米大陸で食物連鎖の頂点に君臨する捕食者としての地位を築いた過程を詳細に解き明かす手がかりになります」と、論文の筆頭著者で、米ノースカロライナ自然科学博物館の古生物学者リンゼイ・ザノ氏は話す。

10年で唯一の発見

 白亜紀の初期のティラノサウルス類は、私たちが今日思い描く強大な恐竜とは似ても似つかぬ姿だった。当時は、自身よりはるかに巨大な肉食恐竜であるアロサウルスの横にくっついて狩りをする、取るに足らない小さな捕食者だった。8000万年前までに、北米のアロサウルスが衰退するのに伴い、ティラノサウルスは約10倍に巨大化した。その結果、アロサウルスに代わり、王座を華々しく独占するようになる。(参考記事:「T・レックス以前の“恐竜王”を発見」

 しかし北米大陸では、白亜紀中期の化石が見つかっていないため、ティラノサウルスが巨大化した過程は依然として謎に包まれている。北米では、いくつかの歯の化石を除き、約1億5000万年前〜8000万年前のティラノサウルス類の骨格化石が発見されていなかったのだ。(参考記事:「Tレックスは頭がいいから最強に?新種化石が示唆」

 そのため、研究者たちは、ザノ氏を含め、白亜紀中期の岩石の地層を探し続けた。2013年、ザノ氏はお宝を掘り当てた。ユタ州中部のシーダーマウンテン累層にある自身の発掘現場を歩いていると、丘の斜面から突き出た足の骨が、思いもよらず目に入ったという。(参考記事:「米国ユタ州 知られざる恐竜の楽園」

「この地域で10年も発掘をしてきましたが、これまでに回収できた唯一のモロスの骨です」と同氏は話す。「非常に長い時間がかかりましたが、ものすごい幸運に恵まれました」

次ページ:驚異的な進化速度

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

恐竜がいた地球

2億5000万年の旅にGO!

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第6弾。

定価:本体1,400円+税