【動画】巨大ヒカリボヤに遭遇! 約8m、NZ沖

「とても信じられないような気持ち」と発見者、中をくぐれそう

2019.02.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NZ沖で2人のダイバーが遭遇した長さ約8メートルのヒカリボヤ。(解説は英語です)

 2018年10月25日、映像作家のスティーブ・ハサウェイ氏がニュージーランド沖の島で観光PRビデオを撮影していると、一緒にいた友人のアンドリュー・バトル氏から、奇妙なものを発見したから見に来てほしいと言われた。

 バトル氏が見たものを聞いて、「冗談だろう」とハサウェイ氏は思ったが、スキューバダイビングの装備を身につけ、海に潜った。すると、まるで巨大な吹き流しのような、半透明のミミズを思わせる生き物が海中を漂っていた。長さは約8メートル。中をくぐれそうなほど大きなそれは、ヒカリボヤという生き物で、ハサウェイ氏が長年、一目見たいと願っていたものだった。

「とても信じられないような気持ち」で周りを泳いだと、バトル氏は振り返る。「すぐ近くで見てみると、数え切れないほどたくさんの小さな生き物がいました」

 なぜならこの巨大な形態は、無数の「個虫(こちゅう)」が集まってできたコロニーだからだ。このコロニーを「群体(ぐんたい)」といい、ヒカリボヤの群体は岩や海底などに定着せずに海中を漂って暮らす。一つの個虫自体が小さな多細胞生物で、海水を体内に取り込み、植物プランクトン、細菌、動物の排せつ物の粒子などを濾過して食べる。

 ヒカリボヤやその仲間のサルパという生物は、主に熱帯海域では他の動物の食料源として「非常に重要で、有り余るほどたくさん生息しています」。そう教えてくれるのは、ニュージーランド、オークランド大学の海洋学教授アンドリュー・ジェフス氏だ。どちらもウミガメや、ジェフス氏の専門であるイセエビなどの餌になる。巨大な筒状の体にしがみつけば、何週間でも食べ続けることができる。(参考記事:「浮遊生物サルパに乗り込んだタコ、34年ぶり撮影」

「人でいえばゾウにぶら下がって食べるようなものです」とジェフス氏は説明する。「じっくり時間をかけて、十分な栄養を摂取できます」。ただし中には、ヒカリボヤやサルパ、同じゼラチン質のクラゲなどと間違えてビニール袋を食べ、死んでしまう動物も多い。(参考記事:「【動画】餓死したクジラ、胃にビニール袋80枚」

次ページ:いまだ謎が多い生きもの

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。眼には見えないきわめて小さな姿をカメラで覗いてみれば、姿も、色も、生態も、うっとりするほどの世界。28年間、海の神秘を撮る男の渾身の写真集です。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加