【動画】「自分に合う帽子」をスポンジで作るカニ

原始的なカイカムリの防御術、帽子の作り方もそれぞれ独特、京大

2019.02.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】人工のスポンジを使って帽子を作るカニの仲間のカイカムリ(Lauridromia dehaani)。京都大学の研究者が、その詳細を明らかにした。(字幕は英語です)

 奇抜な帽子は、英国の上流階級が独占しているわけではない。カニの仲間であるカイカムリも、被り物をまとったファッションで大胆に自己主張している。

 これほどよくできた帽子を、甲殻類の彼らがどうやって作り出しているのか。京都大学白眉センターの動物生理学者、加賀谷勝史氏と、同大学瀬戸臨海実験所の原田桂太氏が、その詳しい行動を明らかにし、査読前の論文を発表するサイト「bioRxiv」に投稿した。

 カイカムリは、貝殻や生きた海綿動物で「帽子」を作って被ることからこの名がある。カイカムリ科は世界に130種ほどいて、ひとかたまりの海綿を自分で切りとり、体に合う形に加工して、後ろ側の2対の脚を使って背負う。

 この行動はおそらく、天敵を寄せ付けないためだ。海綿は食欲をそそるわけではなく、強い毒を持っていることが多い(背負われることで海綿にメリットがあるかどうかは不明だが、帽子にされるデメリットもないらしい)。

 周囲の環境にある物を使って自分の姿を隠すカニは多い。だが、カイカムリは非常に原始的なカニと考えられており、科学者の関心を引いている。比較的新しいカニよりも、彼らの神経系ははるかに単純だ。(参考記事:「海のアクセサリーで着飾るカニ 6選」

 したがって、カイカムリがこうした道具を使うという事実にまず驚かされる。しかも、帽子の選び方、作り方について、あまりよく分かっていなかった。(参考記事:「カニがイソギンチャクのクローン作り共生維持か」

帽子職人は几帳面

 そこで加賀谷氏と原田氏の2人は、人工のスポンジを使って実験を試みた。

 スポンジの材質には、家庭で汚れ落としに使われているのと同じメラミンを選んだ。入手しやすく、海水に沈むためだ。次に実験用水槽を用意し、38匹いるカイカムリ(Lauridromia dehaani)に、大きさの違う3種類のスポンジを与えて、ビデオで行動を撮影した。(参考記事:「【動画】ヤドカリを真似るイカ、魚が油断か」

次ページ:どのくらい賢いのか?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。

定価:本体2,700円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加