揺れない“幻の地震”が発生か、50日継続、トルコ

2016年夏に「スロースリップ」が起きていた可能性、大地震との関連は?

2019.02.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 どんどん精密になっているフィールドワークのおかげで、謎の解明が進むかもしれない。 マルティネス=ガルソン氏のチームは現在、ひずみ計をさらに増やし、トルコのマルマラ海に近い一帯をカバーしている。

 ベル氏を始めとする研究者たちは、ゆっくりとすべる断層の特性を明らかにするため、ニュージーランド北島のヒクランギ沈み込み帯の一部に地震計を設置中だ。国際深海科学掘削計画(IODP)でも、この沈み込み帯を掘削し、スロースリップに伴う堆積物のサンプルを直接採取している。同時に、その一帯に地震波を送り、断層の形状・分布をより正確に描き出そうとしている。(参考記事:「「ちきゅう」“日の丸”科学掘削船の大冒険」

「スロースリップの秘密を明らかにするには、こうした観測・調査・実験を基に、地球物理学・地質学さらには物理学を融合した学際的な取り組みが不可欠で、そのような取り組みは現在進行形で行われています」と加納氏は言う。ひいては、大きな被害を出す地震の研究に役立つかもしれない。

大地震との関連はあるのか

 これまでの例を見ると、大きな地震がスロースリップのきっかけとなることがあるようだ。2016年のトルコのスロースリップが始まる直前には、マグニチュード4.4の通常の地震がマルマラ海で発生していた。また、2016年にニュージーランドで起きたカイコウラ地震の後、この地域全体でスロースリップが検出された。この種の出来事は、地震性と非地震性の断層すべりのプロセスが作用し合っていることを示すと、マルティネス=ガルソン氏は話している。

「スロースリップが大きな地震を引き起こす可能性はあるのでしょうか?」とベル氏は問う。「大きな疑問ですが、まだ解明できていません」

 マルマラ海にとっては間違いなく大問題だ。この地域では、1万7000人が亡くなった1999年のイズミット地震など、大きな被害をもたらす地震が起こっている。マルティネス=ガルソン氏は慎重な表現をしつつも、スロースリップが他のもっと危険な断層にストレスをかけている可能性を考えている。(参考記事:「トルコ、世界の津波危険地域」

 スロースリップは、将来の被害を予測する鍵にもなるかもしれない。2011年に日本で発生して甚大な被害を出したマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震の少し前に、スロースリップがすでに始まっていた。だが、「これが偶然だったか否かはなかなか判断できません」とベル氏は話す。(参考記事:「“スロー地震”が大地震を抑制か」

 大きな出来事の前にスロースリップが起こることが最終的に確認されれば、地震予測によって命を救える可能性はかなり高くなる。

「ですが、今のところは」とブリュア氏は話した。「大地震のきっかけとなる極めてまれなスロースリップをどうやって見極めたらいいか分かりません」

【参考ギャラリー】まるで芸術、自然の神秘がつくった世界の奇岩怪石 写真16点(写真クリックでギャラリーページへ)
米イエローストーン国立公園のオールド・フェイスフル間欠泉の「卵」は多層構造をしていて、過去の熱水だまりのそのときの状態を知る手がかりになる。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

文=ROBIN GEORGE ANDREWS/訳=高野夏美

おすすめ関連書籍

科学の誤解大全

答えはひとつではない

当たり前だと思ってきた科学の常識を覆す本。宇宙、物理、科学、人体などのジャンルで約40個の“事実”の間違いを解説する。〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:本体1,300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加