ギャラリー:ワイルドライフ写真家の珠玉の動物写真27点(写真クリックでギャラリーページへ)
地面から姿を表すツチブタ。ザンビア、ルアングワ渓谷で撮影。(PHOTOGRAPH BY FRANS LANTING, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

 甲虫は35万種いると言われ、仲間の数はとんでもなく膨大だ。一方、近い種が存在しない動物もいる。例えば、ヒト。私たちヒトは、近縁種のいない孤独な動物だ。(参考記事:「謎の人類ホモ・ナレディ、生きた年代が判明」

 生物学的に言えば、ヒトに最も近い現生種はチンパンジーだ。しかし、ヒトの学名はホモ・サピエンスで、ヒト(Homo)属であるのに対し、チンパンジーはチンパンジー(Pan)属に分類される。ホモ・ネアンデルターレンシス(ネアンデルタール人)など、他に知られているヒト属はすべて、はるか昔に絶滅した。(参考記事:「少女の両親は、ネアンデルタール人とデニソワ人」

「ダーウィンが『種の起源』で記した“生命の樹”を再構築するのは困難な研究ですが、驚愕の事実がもたらされることがあります」と米ノースカロライナ自然科学博物館のアレックス・ドーンバーグ氏は話す。

「新たな情報が得られた結果、ただちに種の関係が見直されることがあります。例えば、DNA分析により、長い間近縁種だと考えられてきた動物同士が、実は違うということが明らかになることもありましたし、その逆もありました」(参考記事:「ハヤブサがタカよりインコに近かったことが示すもの」

 それどころか、「種」の定義を難しくさせるものもいる。「バクテリアは、周囲の遺伝子を取り込むことができます」と米テキサス大学オースティン校の博士課程の学生アイザック・ミラー=クルーズ氏は話す。そのため、別の種との境界が曖昧になるという。

 私たちヒトは、さまざまな進化を経て現在に至る。では私たちの他に、同属の近縁種がこの世にいなくなってしまった動物にはどんなものがいるのだろうか?(参考記事:「「世界一孤独なカエル」ロミオ、お相手見つかる」

ツチブタ

 ツチブタ(Orycteropus afer)は、いろいろな動物と関係がありそうな見た目をしている。かつては、食べ物の好みが似ているという理由で、アリクイの近縁種だと考えられていた。

 だが実際には、ツチブタはゾウにより近く、約8000万年前にゾウの系統から枝分かれした。今日知られている愛らしいツチブタは、原産地である中央アフリカの草原で生き残り繁栄するその唯一の種だ。(参考記事:「動物大図鑑 ツチブタ」

次ページ:「悪魔の霊長類」と「生きた化石」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税