切り立った岩壁をよじ登ったり、ビア・フェラータのワイヤーロープにカラビナを通したりするランニングレースはほとんど存在しない。2018年11月に初開催された「オマーン・バイ・UTMB」には、この2つの課題が両方含まれていた。写真は女子部門を制した英国のアナ・マリー・ワトソン氏。約140キロの過酷なコースを26時間20分27秒で完走した。(PHOTOGRAPH BY FRANCK ODDOUX, UTMB)
[画像をタップでギャラリー表示]

 暗闇の中、ひたすら岩山を登り続けるランナー。ゴツゴツした石灰岩の細いジグザグ道。横を見れば、めまいを誘うような大きな穴が口を開く――。

 ランナーたちが登っているのは中東・オマーンにあるバラル・サイト山だ。山に入って3キロ余り進んだ後、約1.2キロの岩登りが待つ、約140キロの山岳レース「オマーン・バイ・UTMB」の難所だ。このレースはハジャル山地を縦走する新しいウルトラマラソン(42.195キロを超えるマラソン)で、2018年11月に初開催された。世界で一番過酷なマラソンの部類と主催者も自称するだけあり、登攀(とはん)コースの標高差の累計が8000メートル近くにもなるという苛烈さだ。

「本当に恐ろしいですね」。そう話したランナーは、岩壁にぴったり体を寄せる。引き返したい衝動に駆られるが、下りは上りよりもっと恐ろしい。ランナーたちのヘッドライトが次々と岩を照らし出す。節だらけの木が絡みつく崖もある。突然、小道が急坂に変わる。切り立った峡谷の隙間を縫うように進むと、岩だらけの急勾配が目の前に現れる。ランナーたちは懸命によじ登るほかない。

 この20年で、ウルトラマラソンは一般の人々にも徐々に認知されつつある。かつてのアップダウンの少ない都市部のウルトラマラソンではなく、最近は、山、砂漠、ジャングルをコースにしたレースが増えていることも耳目を集める理由だ。レースによっては100マイル(約160キロ)を超えるものもある。また「走ることが可能な」トレイルでは飽き足らず、ランナーたちを「テクニカルな地形」に挑戦させるレースも数多く主催されるようになった。コースは、分別ある人なら注意深く歩くか、参加をやめてもおかしくないような地形だ。

「距離がどれだけ長いのか」「どれほど体にこたえる過酷なレースか」を競う「過激なマラソン」が、大きなことをやり遂げたい人、アマチュア冒険家、世界を旅する人たちを魅了している。現在、世界では2万近いウルトラマラソンが開催されており、この数は今世紀初頭に開催された数の100倍以上となっている。 (参考記事:「ロープなしで900mの絶壁を初登攀、米ヨセミテ」

 ところでウルトラマラソンの別称「UTMB」は「ウルトラトレイル・デュ・モンブラン」の略で、このレースの発祥となったアルプスのシャモニーにちなんでいる。しかし、オマーンの乾燥した岩山はフランス、シャモニーのアルプス山脈とは全く違う。オマーンのレースに参加したランナーの多くが、オマーンにこれほど険しい山があること自体に驚いていた。あるランナーは筆者に、「レースのプロモーションビデオを見るまで、オマーンには砂漠しかないと思っていました」と語った。(参考記事:「フォトギャラリー:命知らず、100年前の登山家たち」

 元英陸軍少将のアルバート・ホイットリー氏は「オマーンは『砂漠の中のマンハッタン』など目指していません。9世紀から中国と交易するなど正統的な海洋国家です。人々は最高。もてなしの心を持ち、とても寛容です」と絶賛する。ホイットリー氏は30年以上にわたってオマーンで暮らし、「オマーン・セイル」のエグゼクティブディレクターを務めている。オマーン・セイルはオマーンのアウトドア観光開発を担う企業だ。(参考記事:「アラブ種の馬で駆け巡る オマーン」

 今回のレースには、地元オマーンからも9人の選手が出場。オマーン陸軍のハムダン・アル・カトリ中尉と8人の民兵だ。いずれもウルトラマラソン初挑戦だが、レース中も礼儀正しさは忘れない余裕があった。私たちが乾いた川床でレース中のランナーたちを撮影していると、他国のランナーたちは重い足取りで静かに通り過ぎていくが、オマーンの9人の兵士たちは違った。真っ暗闇に浮かぶ筆者のヘッドライトに向かって、「アッサラーム・アライクム」(あなたに平和がありますようにというアラビア語のあいさつ)と、全員が声をかけてくれたのだ。

レースの難所であるバラル・サイト山の頂上付近に到達したランナー。山に入って3キロ余り進んだ後、標高差約1200メートルの岩登りが待っている。ランナーの左側に見えるのは、とても美しいが、乾燥していてもろいハジャル山地。国外からやって来たランナーの多くが、オマーンに山岳地帯が存在すること、外国人を広い心で受け入れてくれるアラブの文化に驚いていた。(PHOTOGRAPH BY FRANCK ODDOUX, UTMB)
[画像をタップでギャラリー表示]

次ページ:ライバルと一緒にゴールした理由は?

おすすめ関連書籍

先端科学の現場で見る 人体の神秘

DNAや脳、生死など“人体”にかかわるテーマにフォーカスしたムックです。 研究の最前線に立つ人たちに取材し、フィールドにも足を運んで人々の声を聞き、ナショジオならではの生の情報を、豊富なビジュアルとともにお伝えします。

定価:本体1,400円+税