岩山を登り断崖を横断 規格外のウルトラマラソン

レースの難所であるバラル・サイト山の頂上付近に到達したランナー。山に入って3キロ余り進んだ後、約1.2キロの岩登りが待っている。ランナーの左側に見えるのは、とても美しいが、乾燥していてもろいハジャル山地。国外からやって来たランナーの多くが、オマーンに山岳地帯が存在すること、外国人を広い心で受け入れてくれるアラブの文化に驚いていた。(PHOTOGRAPH BY FRANCK ODDOUX, UTMB)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー