ハワイの海をすくったら、生き物とゴミがこんなに

「現実にそこにあるものを見てもらいたい」と写真家

2019.02.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 科学者らは現在、マイクロプラスチックが人間と海洋生物に与える影響について調査している。2017年のある研究では、カタクチイワシがプラスチックをエサと間違えて食べることが報告されている。ごみに付着していた藻のにおいに引き付けられた可能性があるという。こうした小魚が、食物連鎖の上層にいる大きな魚に食べられることで、いずれはプラスチックが人間の食卓にも到達することが懸念されている。2018年10月に発表された研究では、すでに9割の食塩の中にマイクロプラスチックが入っていることが明らかになった。(参考記事:「9割の食塩からマイクロプラスチックを検出」

ゴム手袋やプラスチック片と一緒に泳ぐ、シイラの稚魚(中央)などの小さな魚たち。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER /PHOTOGRAPHED AT A TEMPORARY FIELD LABORATORY, NOAA PACIFIC ISLANDS FISHERIES SCIENCE CENTER, KAILUA KONA, HI)
ゴム手袋やプラスチック片と一緒に泳ぐ、シイラの稚魚(中央)などの小さな魚たち。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER /PHOTOGRAPHED AT A TEMPORARY FIELD LABORATORY, NOAA PACIFIC ISLANDS FISHERIES SCIENCE CENTER, KAILUA KONA, HI)
[画像のクリックで拡大表示]

「プラスチックはすばらしい素材です」とリトシュワガー氏は言う。「それでも、使い捨ての製品を作るというのは、あまりに思慮が足りません」(参考記事:「人体にマイクロプラスチック、初の報告」

 リトシュワガー氏は、20年前から幾度も、プラスチックによって自然が損なわれている光景を目撃してきた。1994年に見たのは、ハワイのごみだらけのビーチだった。ハワイには、太平洋ゴミベルトから流れてくるごみが行き着くビーチが複数ある。その10年後、氏は科学者たちと一緒にハワイの離島にいた。アホウドリのひなが小さなうちに死んでしまう原因を突き止めるためだった。ひなの死骸を解剖すると、胃の中からはボトルキャップなどのプラスチックのかけらが出てきたという。(参考記事:「クジラの体内から重さ6キロのプラスチックごみ」

 リトシュワガー氏は自らの使命を、ただ現実を記録することだと述べている。「人々に、現実にそこにあるものを見てもらいたいのです」

参考ギャラリー:プラスチックごみに翻弄される動物たち、写真10点
参考ギャラリー:プラスチックごみに翻弄される動物たち、写真10点
包装フィルムを使って身を隠すカニから、ごみの山をあさるハイエナまで、人間が捨てたプラスチックごみに翻弄される野生生物の姿をとらえた。 (PHOTOGRAPH BY THOMAS P. PESCHAK, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。
会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

文=SARAH GIBBENS AND LAURA PARKER/写真=DAVID LIITTSCHWAGER/訳=北村京子

おすすめ関連書籍

unknown(未知の海)

20年以上、世界各地の海の写真を発表してきた水中写真家、鍵井靖章が今回選んだテーマは、見たことのない「未知の海」。232ページ、写真193点の大ボリュームで魅せる水中の絶景を、五つの切り口で存分に味わえます。

定価:3,520円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加