スロベニアの首都リュブリャナの繁華街にあるゴスポスベツカ通り。リュブリャナの前身となったローマの入植地エモナの遺跡が発掘された。(PHOTOGRAPH BY ARNE HODALIČ AND KATJA BIDOVEC)
スロベニアの首都リュブリャナの繁華街にあるゴスポスベツカ通り。リュブリャナの前身となったローマの入植地エモナの遺跡が発掘された。(PHOTOGRAPH BY ARNE HODALIČ AND KATJA BIDOVEC)

 2017年8月、リュブリャナの繁華街にあるゴスポスベツカ通りで、大規模な建設工事が始まった。リュブリャナは、イタリアの東隣の国スロベニアの首都で、歴史ある町だ。スロベニアの考古学者たちが調査に加わったが、彼らの期待を上回っていたのは、初期のキリスト教コミュニティの意外な姿が明らかになったことだ。そこには一人の重要な女性が眠っており、人々は死後もその女性の近くに身を置きたいと考えたようだ。その女性の正体はいまも謎のベールに包まれている。(参考記事:「黄金の馬頭像を初公開、古代ローマの辺境で出土」

 リュブリャナの始まりは、今から2000年ほど前に作られたエモナというローマの入植地。イタリア北部に土地が不足していたことから、数千人の入植者や、ローマ帝国の設立に貢献した退役兵たちがエモナにやってきた。これまでの周囲の発掘結果から、ゴスポスベツカ通りでも、ローマ時代あるいはそれ以前の墓地が見つかるのではないかと考えられていた。(参考記事:「1700年前の無残な遺骨を発見、ゴート族の侵略か」

 スロベニアの考古学者アンドレイ・ガスパリ氏によると、発掘されたのは、ローマ時代後期の複合墓地だった。簡素な墓から石棺(サルコファガス)が収められた霊廟まで、合計350基以上のさまざまな墓がある。さらに、墓地の中心には埋葬室があり、重要と思われる一人の女性が埋葬されていた。このあたりのキリスト教コミュニティは、紀元300年代初めにディオクレティアヌス帝による大弾圧が終わってから栄え始め、5世紀にエモナがフン族によって破壊されて終わりを告げた。(参考記事:「2000年前の古代エジプトの墓を発見、大規模墓地か」

石棺に埋葬されていたのは、エモナの住民の中でも裕福な者だけだった。石棺は、30キロほど東にあるモラフチェの石灰岩から掘り出された。(PHOTOGRAPH BY ARNE HODALIČ AND KATJA BIDOVEC)
石棺に埋葬されていたのは、エモナの住民の中でも裕福な者だけだった。石棺は、30キロほど東にあるモラフチェの石灰岩から掘り出された。(PHOTOGRAPH BY ARNE HODALIČ AND KATJA BIDOVEC)

謎の女性とともに眠っていた盃

 ゴスポスベツカ通りから出土した品のうち、もっとも目を引くのは、女性の隣に置かれていた青いガラス製の器だ。約1700年前に作られたもので、ブドウの実や葉やつるの模様とともに、「長寿のため、永遠の命のために飲み干せ!」というギリシャ語が刻まれている。

 この美しい盃は埋葬の儀式だけでなく、日常生活でも使われていたかもしれない。組成を化学的に解析したところ、地中海東部で作られたもののようだ。ブドウはキリスト教の聖餐とも関連があるが、もともとはワインと陶酔を司る神ディオニュソスにつながる。

ギャラリー:スロベニアの古代墓地から出土した装飾品や石棺 写真9点(画像クリックでギャラリーへ)
1700年前の青いガラスの器。直径20センチほどの大きさで、墓地の中心に埋葬されていた女性の隣に置かれていた。「長寿のため、永遠の命のために飲み干せ!」という意味のギリシャ語が刻まれている。(PHOTOGRAPH BY ARNE HODALIČ AND KATJA BIDOVEC)
1700年前の青いガラスの器。直径20センチほどの大きさで、墓地の中心に埋葬されていた女性の隣に置かれていた。「長寿のため、永遠の命のために飲み干せ!」という意味のギリシャ語が刻まれている。(PHOTOGRAPH BY ARNE HODALIČ AND KATJA BIDOVEC)

 考古学者たちは、この女性の墓が拡張された経緯にも注目している。女性が埋葬されてからおそらく10年以内に、正方形だった埋葬室が壊され、墓を囲うようにしてさらに大きな祠(9×12メートルほど)が作られたようだ。そして、エモナのキリスト教コミュニティは、この祠を中心に「アド・サンクトス」と呼ばれるやり方で埋葬し始めた。聖人の墓や聖遺物に寄り添うように死者を埋葬していく方式だ。(参考記事:「千年以上古いピラミッドのそばに後の時代のミイラ」

 埋葬室に祀られていた謎の女性はいったい何者なのだろう。考古学者たちが正しいとすれば、女性はこの墓地に初めて埋葬された人物で、この共同墓地にとって重要な役割を果たしていた。おそらくローマ時代のエモナにおいて有力な人物だったのだろう。しかし、社会的地位、宗教的立場、出生地などは、今のところ推測するしかない。今後、遺体の分析が行われる予定で、そこから手がかりを得られるかもしれないと期待されている。現在、ゴスポスベツカ通りから見つかった貴重な出土品のほとんどは、リュブリャナ市立博物館で展示されている。(参考記事:「エジプト最新ミステリー 発見された黒い棺の人物」

スロベニアの古都リュブリャナでローマ時代の共同墓地が出土した。その中央部には、有力人物とみられる謎の女性。女性に寄り添うように300人以上の遺体や装飾品も眠っていた。

会員向け記事を春の登録キャンペーンで開放中です。会員登録(無料で、最新記事などメールでお届けします。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

今の科学でここまでわかった 世界の謎99

古代文明から超常現象、宇宙、生命まで、ミステリーの全カタログ。好奇心をかき立てる『世界の謎』99個を集め、科学の眼で迫ります。

定価:1,540円(税込)

文=MARJAN ZIBERNA/訳=鈴木和博