人気者 ペットとして飼われるカワウソの受難

東南アジアで、カワウソの密猟と売買がブームだ。背景にあるのがペット取引だ

2019.01.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東南アジアでペットとして人気のコツメカワウソ。インドネシア、タイ、日本などには、数千ドル支払って購入する人もいる。(PHOTOGRAPH BY SUZI ESZTERHAS, MINDEN PICTURES)
[画像のクリックで拡大表示]

 ひもにつながれて散歩。ベッドで眠り、ボールで遊び、ぬいぐるみにしがみつく――何のペットかわかるだろうか? 犬、猫、ウサギ、ハムスターではなく、このペットは東南アジア原産のコツメカワウソだ。このカワウソは「さくら」の名で、日本の家庭で飼われている。さくらの動画がYouTubeやTwitterに投稿されると、またたく間にソーシャルメディアで拡散し話題になった。

 野生のコツメカワウソは、小川やマングローブで魚や甲殻類を捕って暮らしている。この動物が今、同じ東南アジア原産のユーラシアカワウソ、ビロードカワウソ、スマトラカワウソとともに、ペット取引で人気を集めている。一番人気なのがコツメカワウソで、インドネシア、タイなどの東南アジア諸国で捕獲され、地元だけでなく他国でペットとして販売されていると、研究者は考えている。(参考記事:「マレーシアの希少種:コツメカワウソ」

 野生生物取引を監視するNPO「トラフィック」東南アジア支部のカニタ・クリシュナサミー氏は「不運なことに、カワウソの愛らしさが、人を魅了します」と話す。「ペットとして、カワウソは今大人気です」

 東南アジアのカワウソは賢く、細身の小さな体にずんぐりした四肢と愛らしい顔をしていて、外見も魅力的だ。この生き物をペットにするために、喜んで数千ドルを支払う人は多い。(参考記事:「野生生物の密輸増加、手口も巧妙化」

「トラフィック」が発表した最新の報告では、2018年1〜5月中旬に東南アジア5カ国のFacebookを調べると、700匹以上のカワウソが販売されていたことが判明した。その大部分が、若いコツメカワウソだ。コツメカワウソは爪の長いほかのカワウソより体が小さく、体重は4.5キロ足らずだ。

 先に紹介した東南アジアに生息する4種のカワウソは、今のところ絶滅の危機にはない。しかし、数が増えているかというと、それも違う。殺虫剤の摂取、開発によって生息地が失われるなどの問題に直面しているからだ。高密度の毛皮がコートや帽子の素材として珍重される中国向けに密猟も横行している。また、アジアの一部では、カワウソの血や脂、骨に「癒やしの力がある」と信じられ、こうした需要が密猟を後押しする。(参考記事:「絶滅寸前のオナガサイチョウ、撮影は至難の業 写真13点」

 しかし、トラフィックの報告書では、密猟の一番の原因はペット取引だという。

ちょっと変わった「エキゾチック・ペット」の写真10選(画像クリックでギャラリーへ)
最初の1匹を肝不全で亡くした後、メラニー・ティパルドス氏が購入した2匹目のカピバラ「ガリバルディ・ルース」。テキサス州に住む彼女は、ベネズエラで野生のカピバラを見て以来、この巨大なげっ歯類に夢中になった。カピバラは飼育下ではあまり長生きしない傾向にある。(PHOTOGRAPH BY VINCENT J. MUSI, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

次ページ:エキゾチックアニマルが人気の2国

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    無料会員向け記事が読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:3,960円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加