【動画】残りあと400組、フィリピンワシの子育て

「鳥の王」の一家を5カ月間撮影、胸を打つ貴重映像

2019.01.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近絶滅種に指定されているフィリピンワシの一家を5カ月にわたって撮影した貴重な映像。1羽のひなを両親が熱心に世話する様子、幼鳥が飛び方を覚えていく姿が見られる。(CINEMATOGRAPHERS: NEIL RETTIG, SKIP HOBBIE AND ERIC LINER)

 フィリピン、ミンダナオ島南部にあるアポ山の麓に暮らすバゴボ・タガバワ族に、こんな物語が伝わっている。バノッグという種類の巨大なワシが1人の男を捕らえ、高いところにある巣へ連れ去った。巣にはひなが1羽いて、男と友達になった。成長したひなは、さらわれた時と同じように男を連れて飛び、村に帰してやった。感謝した男は、この若いバノッグにちなんだ名を息子につけた。後に息子はバゴボ・タガバワの村を築き、今でも非凡な勇気と知恵を備えた指導者に「ダトゥ・バノッグ」の称号が与えられる。

 世界最大級のワシであるフィリピンワシ(Pithecophaga jefferyi)は現在、サルクイワシともいわれるように、人よりもサルを獲物として連れ去る能力でよく知られている。しかし、フィリピンの国鳥にして「鳥の王」と呼ばれる地位にもかかわらず、フィリピンワシと人々との関係は円満ではない。狩猟と森林減少で、フィリピンワシは世界自然保護連合(IUCN)から「近絶滅種(critically endangered)」に指定されるに至った。(参考記事:「熱帯雨林の猛者 フィリピンワシ」

失われゆく生息地

 6000以上の島があるフィリピンで、フィリピンワシが見つかっているのはルソン島、サマール島、レイテ島、ミンダナオ島の4島だ。低地や中程度の標高にある原生林などに生息するが、その多くは開発や伐採で切り開かれている。20世紀の初めから現在までに、フィリピンが失った森林は75%近く。フィリピンワシが巣をかける熱帯の硬い巨木は、違法伐採者たちの間で材木として珍重される。(参考記事:「狙われるオナガサイチョウの「赤い象牙」」

「フィリピンワシについての知見は、ほとんどがミンダナオ島で確認された営巣地にいる個体群か、飼育下での研究から得られたものです」。ダバオ市にあるフィリピンワシ基金で調査・保護ディレクターを務めるジェイソン・イバニエス氏はこう話す。フィリピンワシ基金は1987年に飼育繁殖保護プログラムのために設立され、その後は科学研究、啓発活動、文化を踏まえた資源管理プログラムにまでその使命を広げている。分かっている営巣地間の平均距離から推定された個体数は、つがい400組ほどとみられるとイバニエス氏は話す。

 体重約4.5~8キロ、両翼を広げると平均2メートル近くになるフィリピンワシは、優秀な飛行家だ。力強く数回羽ばたいて空中に舞い上がり、滑空するとイバニエス氏。暖かい空気の流れが上へ昇る上昇気流に乗り、次いでゆっくりとらせんを描いて地上に戻ってくる。

ギャラリー:あなたの知らない驚きのワシとタカ 写真19点(写真クリックでギャラリーページへ)
美しい羽根を見せるクロクマタカ(black hawk-eagle, Spizaetus tyrannus)。熱帯の森に暮らすワシの仲間で、メキシコ中部からアルゼンチン北部にかけてのラテンアメリカに分布する。動物園もあるテーマパーク、コロンビアのパルク・ジャイム・デュケで撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

次ページ:「世界に類を見ない宝石の1つ」

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。 ※バッジ付きは、日経BP SHOP限定です。

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加