恐竜以前の古代生物が高度な歩き方、研究者驚く

古生物の骨格と足跡から歩行法を復元、最新研究

2019.01.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツで発見されたオロバテス・パブスティの化石の完全さは驚異的だ。(PHOTOGRAPH BY PHIL DEGGINGER / ALAMY STOCK PHOTO)
[画像のクリックで拡大表示]

 3億年近く前の地球に、小型犬ほどの大きさの「オロバテス・パブスティ」(Orobates pabsti)という風変わりな生物がいた。ほとんどの人は初めて聞く名だと思うが、科学者の間では、爬虫類、恐竜、鳥類、哺乳類の、最後の共通祖先に近いところに位置づけられる重要な古生物として知られている。(参考記事:「最古のトカゲの化石を発見、「全てのトカゲの母」」

 1月17日付けで学術誌『ネイチャー』に発表された研究で、この古生物が陸上をどんなふうに歩いていたかが判明、想定以上に高度な歩き方をしていたことがわかった。

 オロバテスは、保存状態の良い骨格化石と足跡化石の両方がそろう一番古い生物という点でも特別だ。骨格と足跡の両方がそろっていたおかげで、研究者はコンピューター・シミュレーションとリアルなロボットを使って、この生物の歩行を蘇らせることができたのだ。(参考記事:「4千年前の「高貴な族長一家」、リアルに復元」

 この研究は、生物の歩行という移動運動の様式が進化してきた時期と、その理由の解明を助けることになる。さらには、私たちの祖先が海から陸に進出した過程を明らかにする大きな一歩になる可能性も秘めている。

 今回の研究で、現在のドイツにあたる地域を堂々と歩くオロバテスの姿は、中南米に生息するワニのカイマンに似ていたと推定された。ドイツ、フンボルト大学の進化生物学者で、今回の論文の筆頭著者であるジョン・ニャカトゥラ氏は、意外な結論だったと話す。というのも、この時代の古生物はサンショウウオのように、足を外側に伸ばして腹を地面にするような姿勢で歩いていたと、これまで考えられていたからだ。

 カイマンはというと、体をぐっと持ち上げ、地面から腹部を浮かして歩行する。これはより高度な歩き方で、科学者の多くはオロバテスよりも後の時代、有羊膜類(胚が羊膜をもつグループ、爬虫類や哺乳類を含む)が繁栄し始めて初めて登場した歩行法と考えていた。(参考記事:「2013年7月号 復活するワニの楽園」

足跡と骨格モデルでオロバテスの歩行を調べる

 では、今回の研究ではどのように、オロバテスの歩き方を解明したのだろうか? 研究者は、まずオロバテスの骨格の三次元モデルをコンピューター上に作成。次に、実際のオロバテスの足跡の化石に合わせて、様々な歩き方をしたときにオロバテスの体に何が起きるのかをコンピューター・シミュレーションで調べた。

参考動画:強風に飛ばされないトカゲ、驚きの形態
科学者らは小型のアノールトカゲを集めてハリケーンを再現する実験を行い、自然災害が動物の進化にどのような影響を与えるかを考察した。(解説は英語です)

次ページ:ロボットで歩行モデルの正しさを実証

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

羽毛恐竜と巨大昆虫

7つの謎で解き明かす太古の世界

最新研究にもとづき、昆虫、恐竜、哺乳類が生きた時代を、生息環境を含め迫力ある精細なCGで見せる。7つのテーマで、古生代後半から中生代の古生物に迫る。

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加