さすがフィンランド! 驚きのサウナ10選

観覧車にも、バーガーキングにもサウナが・・・さすがフィンランド!

2019.01.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルカン・サロンキのアイスサウナ。周囲にある湖の氷でつくられており、熱と冷気が心身を癒やしてくれる。(PHOTOGRAPH BY FRANK HEUER, REDUX)

 車の数よりサウナの数の方が多いとも言われるフィンランドでは、わざわざ遠出しなくても、冷えた体を温めるサウナが簡単に見つかる。サウナはフィンランド文化に欠かせない存在で、熱い蒸気で心と体を回復させようと老若男女が押し寄せる。(参考記事:「「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告」

 薄暗い部屋で、室内温度が65℃以上に設定されている伝統的なサウナは、議会議事堂から一般家庭まで、フィンランドのあらゆる場所にある。しかし、少し冒険をしてみたいフィンランド人や旅行者のために、驚くべき場所にあるサウナを10カ所紹介しよう。(参考記事:「フィンランド オウランカ国立公園」

サウナ併設のバーガーキング

 首都ヘルシンキ中心部のバーガーキングでは、ファストフードのような手軽さでサウナ文化を体験できる。280ユーロ(約3万5000円)を支払えば、最大15人で3時間サウナを貸し切ることができる。タオル、ロッカールーム、テレビも付いている。写真だけではお土産に足りないという人は、パッケージをアップグレードし、“ロイヤル・バーガーキング・バスローブ”を持ち帰るといい。ただし、注意点が1つ。サウナの中で何か食べると、ほんの少し汗の味がするかもしれない。

【ギャラリー】行ってみたい!フィンランドの驚きのサウナ 写真5点(写真クリックでギャラリーページへ)
2016年、フィンランドのバーガーキングが世界でも珍しいサウナ併設のファストフード店をオープン。(COURTESY RESTEL)

世界最大級の地下スモークサウナ

 ヘッランクッカロという小さな漁村に、世界最大級の地下スモークサウナがある。6段のベンチに124人まで座ることができ、カバノキを燃やすという先祖伝来の方法で加熱している。時折、地元のバンドがライブ演奏を行い、人々を楽しませてくれる。(参考記事:「二日酔いの治療法、世界でさまざま」

ケサン水上サウナ

 いかだに乗ってボスニア湾を漂う水上サウナ。サウナとしては珍しい混浴で、水着の着用が義務づけられている。運営者はボランティアのみ。貸し切りには対応しておらず、夏の間、誰でも5ユーロ(約620円)で海に浮かぶサウナを楽しむことができる。

ルカン・サロンキのアイスサウナ

 一見、完全な矛盾のようだが、サウナの熱と周囲にある湖の氷を組み合わせ、ユニークな方法で暖かい蒸気を生み出している。また、体温が上がりすぎないよう、湖の氷に穴を開け、体を冷やせるようにしている。オープン期間は天候によって変わり、通常、12月下旬〜3月下旬。一度に最大10人まで入れる。

次ページ:サウナに入りながらスポーツ観戦

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の
会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

地元の人しか知らない素敵な場所

日本人はまだまだ行かない、世界各地の「地元」の人々が本当に愛している場所を紹介

定価:本体2,200円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加