今年の旅行はどう変わる? 専門家が注目するトレンド

追体験型・一歩進んだ持続可能な観光・混まない旅先など、オススメの旅のアイデア

2019.01.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
観光客は一度行って満足するのではなく、本物の体験を求めるようになっている。写真は、ユネスコの世界遺産に登録されたエチオピアのシミエン国立公園で、絶壁から日の出を楽しむ女性。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL RUNKEL, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

偉大な冒険を追体験する

 飛行機で手軽に行って、お決まりの観光コースをバタバタと歩きまわるだけの時代は終わりつつある。「最近は、旅先で探検したいという人も増えています」。こう話すのは、豪華客船での旅を提供するポナント社のナヴィン・ソーニーCEOだ。ポリネシアにある辺境とも言える島々から極地方まで、自分で進路を決めて行きたいという旅行者が増えているという。

 冒険熱の高まりを受け、クルーズ専門の旅行会社シルバーシー社では「北東航路(北極海航路)ツアーを実施する」(コンラッド・コンブリンク担当副社長)という。「有名な航路で、偉大な探検家の足跡をたどります」と話す。 (参考記事:「船旅に行こう!」

 ジオグラフィック・エクスペディション社のドーティ氏も冒険家たちの歴史的な旅を追体験したい人が増えていると指摘する。今年同社では、著名登山家ピーター・ヒラリー氏(エベレスト初登頂したエドモンド・ヒラリー氏の息子)の協力を得て、エドモンドが通ったヒマラヤのルートをたどるツアーを提供する。 (参考記事:「Webナショジオ・インタビュー ピーター・ヒラリー」

宇宙を目指す旅

 2018年末の火星着陸の報道、スペースXやブルーオリジンといった宇宙関連企業への世間の関心の強さに見られるように、今や大気圏の先も旅先候補だ。そうした観光宇宙飛行は、19年には実現できないかもしれない。ただ、今後も様々な宇宙旅行のプランが出てくるだろう。 (参考記事:「前沢氏の月旅行は計画通りに実現するのか?」

 2019年7月には、月面着陸から50周年とアポロ計画センターの開館を祝って、ヒューストンを訪れる人が増えるだろう。アポロ計画センターでは、人類を月に運ぶという途方もない計画を実現した努力を称え、数々のプログラムや展示を楽しめる。

 星の観察ツアーも人気だ。スコット・ダン社では、「天体観測ツアー」の予約が3倍に増えたという。19年7月2日(米国時間)の皆既日食では、ポルトガルのダークスカイ・アルケヴァ保護区からチリまで、皆既日食が見られる場所に天文愛好家たちが繰り出すことだろう。 (参考記事:「2019年、絶対に見たい天体ショー9選」

旅先に浸れるかも優先事項に

「お客様は座って見るだけのツアーに満足してくれません」と話すのは、エピック・プライベート・ジャーニーズ社のホーン氏だ。「地元に同化したように、旅先に浸ることを望んで、トレッキング、サイクリング、乗馬などをしたり、本場の文化を体験したりすることを望んでいるのだと思います」

 訪問先に浸りきる旅も定着してきた。ユニワールド・ブティック・リバークルーズ・コレクション社のエレン・ベトリッジCEOは「現地の人びとと交流したいという旅行客は今後も増えると思います」と話す。ベルモンド社のゲイリー・フランクリン副社長も同意見だ。「列車や船に乗っている移動中は学べて、旅先に到着したら深い体験ができるような旅を探している人が増えていますね」。同社がアイルランドで運行する豪華列車ベルモンド・グランド・ハイバーニアンは、訪問地で食事、パブ、音楽などを通じて、知られざるアイルランドを垣間見られることを売りにしている。 (参考記事:「ギャラリー:鉄道で行く世界の絶景 写真16点」

 エジプトのピラミッドやインドのタージ・マハルなど、かつて「死ぬまでに一度は行きたい場所」と言われた旅先も、今は行きやすく普通の観光地となった。それは、アフリカ各地も例外ではない。「リピーターは多いですね」と話すのは、ロアー・アフリカ社のデボラ・カルメイヤー氏。「最初は『一生に一度の旅にアフリカを選んだ』とおっしゃるのですが、旅から帰って数カ月後、ときには数日で再度ツアーの予約を入れる人もいます。距離は問題にならないようです」

 ポナント社のソーニー氏も「以前ギリシャを旅した人でも、違う見方ができるようになります。ヨーロッパであっても、すでに知っていると思った場所で再発見できる方法があるのです」と話す。同社のギリシャの島々を周遊する船旅では、参加者は歴史、考古学、神話について学べるのだ。

文=JESSICA FLINT/訳=山内百合子

おすすめ関連書籍

ナショナル ジオグラフィック トラベラーエクストリームな旅に出よう

人気上昇中の旅、世界の最新スポットを先取り!今注目されている旬の旅先を、世界的な旅行誌「ナショナル ジオグラフィック トラベラー」が厳選!

定価:本体1,850円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加