中国国家航天局(CNSA)が発表した月面の「嫦娥(じょうが)4号」の想像図。嫦娥4号は人類史上初めて月の裏側に着陸した。(ILLUSTRATION BY EPA/CHINA NATIONAL SPACE ADMINISTRATION / HANDOUT)
[画像をタップでギャラリー表示]

 1月3日、中国の月探査機が、これまで人間も無人探査機も足を踏み入れたことのない月の裏側に着陸した。月の世界に住むとされる仙女にちなんで名づけられた「嫦娥(じょうが)4号」は、2018年12月8日に打ち上げられた後、同12日に月周回軌道に投入され、このほど月面に到着した。

 嫦娥4号の月面着陸に関する詳細は、これまでほとんど明らかにされてこなかった。中国国家航天局(CNSA)は秘密主義で知られ、探査機が月面着陸に向けた最終的な軌道に入ったとする12月30日の発表を最後に、情報を公開していなかった。そのため、着陸前には世界中の科学者と愛好家がオンラインフォーラムやTwitter上に集まり、情報源をもつジャーナリストやソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」のアカウント、嫦娥4号の軌道を追跡するアマチュア天文家などから得た最新情報を交換していた。

 嫦娥4号の着陸が確認されると、不安は喜びに転じた。

 中国地質大学の惑星地球科学者の肖龍氏は、着陸成功の一報を受けた直後にナショナル ジオグラフィックにメールをくれた。「まさに歴史的な瞬間で、とても、とても興奮しています! まもなく着陸機と月面探査車の両方から写真が送られてくるでしょう。月の裏側の本当の顔を見るのを楽しみにしています!」(参考記事:「中国の月面探査車「玉兎」、稼働を停止」

 中国、山東大学の月面地質学者の喬楽氏も、「嫦娥4号の着陸成功という偉業を、心から嬉しく、誇らしく思っています。科学的にも非常に大きな可能性をひらくものです」とコメントした。

 以下、今回のミッションとその科学的な目標、そして世界に及ぼす影響について解説する。

嫦娥4号とは? 今回の月面着陸の重要性は?

 嫦娥4号は、中国の宇宙機関である中国国家航天局(CNSA)による最新の月探査機だ。嫦娥1号と2号は月を周回する衛星で、着陸機と月面探査車からなる嫦娥3号は2013年に月の表側への着陸を成功させた。そして今回の嫦娥4号は、着陸機と月面探査車と中継衛星からなり、月の裏側に軟着陸することを目標にしていた。

 米ノートルダム大学の惑星科学者で、月面地質学の専門家であるクライブ・ニール氏は、「世界初の快挙です」と言う。「月の裏側に探査機を軟着陸させ、月面探査車を走らせるという、これまでどの国の探査機もなし得なかったことを、嫦娥4号が初めて成功させたのです」(参考記事:「地球の前を横切る「月の裏側」の撮影に成功」

「今後送られてくるデータは、月の秘密を解き明かすためにも重要な情報となるはずです。しかも、これまで誰も触れたことのない月の裏側から送られてくるなんて」と肖氏は言う。「どうか、うまくいきますように!」(参考記事:「月の裏側の火山活動に新事実?」

月の「裏側」ってどういうこと?

 月は、地球の重力を受けながらその周りを45億年以上も回っているうちに、自転スピードが公転と同期してしまった。つまり、月は約27.3日で自転軸の周りを1回転し、同時に地球の周りを1回転しているのだ。その結果、月は常に地球に同じ面を向けていることになり、地球上にいる私たちは月の裏側を見ることができなくなった。(参考記事:「月から見た美しい地球、未公開画像も」

 月の裏側は「ダークサイド」と呼ばれることがあるが、それは間違いだ。月が地球の周りを公転するとき、その半分は常に太陽の光を浴びている。新月のときには、表側は真っ暗だが、月の裏側は全面に太陽の光が当たっている。実のところ、月は裏側の方が明るい色をしている。表側には暗い色の盆地(人間の顔やウサギやヒキガエルに見える模様)があるが、裏側にはそれがないからだ。(参考記事:「人はなぜ、月に顔を見るのか」

次ページ:アポロはなぜ「裏側」に着陸しなかった?

ここから先は「ナショナル ジオグラフィック日本版サイト」の会員の方(登録は無料のみ、ご利用いただけます。

会員登録(無料)のメリット

  • 1ナショジオ日本版Webの
    記事が全て読める
  • 2美しい写真と記事を
    メールマガジンでお届け

おすすめ関連書籍

宇宙の真実

地図でたどる時空の旅

宇宙の今が全部わかる!太陽系の惑星から宇宙の果て、さらに別の宇宙まで、どのような構造になっているのか、なぜそのような姿をしているのかを、わかりやすく図解で解き明かす。

定価:本体1,400円+税