【解説】史上初、月の裏に着陸成功のインパクト

2019年1月3日、中国の嫦娥4号の着陸機が史上初めて月の裏側に着陸した。その約10時間後、嫦娥4号から分離された月面探査車「玉兎(ぎょくと)2号」が、月の裏側にある広大な南極エイトケン盆地のフォン・カルマン・クレーターの中を走りはじめた。(PHOTOGRAPH BY CHINA NATIONAL SPACE ADMINISTRATION)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー