チェコのピルゼン動物園で撮影されたバンデューラ・バルブ(学名:Pethia bandula)。「近絶滅種」に指定されているこの淡水魚は、スリランカの小さな川にしか生息していない。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

 人類史上、かつてない速さで動物たちが絶滅しつつある。そのことを誰よりも意識しているのが、ナショナル ジオグラフィックの写真家、ジョエル・サートレイ氏だ。(参考記事:「ポートレートは生命の記録」

 サートレイ氏は、絶滅から動物を守る撮影プロジェクト「PHOTO ARK(フォト・アーク)」の発起人。自然界から姿を消してしまうかもしれない動物を飼育環境下で撮影するという長期プロジェクトに取り組み、力強いアフリカゾウから、小さなセントアンドリュー・ビーチマウスまで、脅威にさらされている大小さまざまな動物たちの姿をとらえている。(参考記事:「写真は動物たちを絶滅から救えるか」

 サートレイ氏がこの活動を始めてから13年。現代版「箱舟」に今回、9000番目の動物が仲間入りした。(参考記事:「1万3000種って何の数字?」

 バンデューラ・バルブ(学名:Pethia bandula)という聞き慣れない名前の、コイ科の魚だ。飼育されている個体と、最近できたばかりの保護区にいる個体を除けば、スリランカにある長さ1.5キロメートルほどの川にしか生息していない。国際自然保護連合(IUCN)が絶滅の危険度を示した「レッドリスト」で「近絶滅種(critically endangered)」に指定されており、生息数は1500匹に満たないと考えられている。

 この魚の体長は2.5センチほどしかないが、ひときわ目立つ。中国、広西大学林学院の進化生物学教授マーダバ・メーガスクンブラ氏は、「バルブ(コイの仲間)の中でも、とくにきれいな魚の一つです」と話す。ほかの多くのバルブと同じように、この魚もメスよりもオスの方が明るい色になる。「オスは、きれいな川の水草の中で赤く燃える炎のように見えます」

 20世紀を通じて工業型農業が発達し、世界中でバルブなどの淡水魚が住む川が汚染されている。さらに悪いことに、観賞用に捕獲される野生のバルブも多い。

絶滅の危機にさらされる淡水魚

 同じような脅威に直面する淡水魚は多い。IUCNによれば、大きな分類群のなかでもっとも危機にさらされているのが淡水魚だ。米海洋大気局の魚類学者ゲイリー・ロンゴ氏は、「人間が淡水魚の限られた生息地を汚染し、生存を脅かすほどの数を捕まえ続ける限り、淡水魚の種数は減り続けます」と話す。

「淡水魚は人間に近い場所で暮らしており、海水魚に比べて生息地がかなり限られているので、とくに危険にさらされています。環境汚染がどのくらい進んでいるかを真っ先に知らせる、炭坑のカナリアのような存在でしょう。残念なことに、すでにたくさんのカナリアが死んでしまいました」

【参考動画】ピレネーデスマン
「PHOTO ARK」の8000番目の乗組員になったピレネーデスマン。鼻はシュノーケルそっくりだ。(解説は英語です)

 バンデューラ・バルブが初めて発見されたのは1991年。そのころ、生息数は合計2000匹ほどと見積もられていた。しかし、2014年のIUCNの報告書によれば、その数は発見から10年も経たないうちに300匹以下に激減した。

次ページ:再生に向けた取り組み

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税