絶滅と思われたカエルを再発見、13年ぶり、南米

ツノフクロアマガエルの目の上には角のようなものがある。背中には卵を運ぶ袋があり、そこからオタマジャクシの状態を経ずに孵化するという珍しい特徴をもっている。(PHOTOGRAPH BY SEBASTIAN DI DOMENICO, TROPICAL HERPING)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー