ピンク色のバブルガムサンゴは、ワラエビの仲間(Gastroptychus)にとって理想のすみかだ。この2匹は縄張り争いをしているのだろうか。(PHOTOGRAPH BY LUIS LAMAR, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像をタップでギャラリー表示]

 まるで月面着陸のようだったと、潜水艇に乗り込んだ研究者は語る。水深約1000メートルの深海は、完全な闇の世界だ。生きものが感知できるほど太陽の光が届く深さは、せいぜい200メートルぐらいまで。それより下は、いくら目を凝らしても漆黒の海を見通すことはできない。

 米マサチューセッツ州の沖合200キロの海底に連なる渓谷や海山のなかのライドニアキャニオンを目指して、科学者のティム・シャンク氏と写真家のルイス・ラマー氏は、潜水艇に乗ってゆっくりと下降していった。1000メートルを下降するには長い時間がかかる。辺りは、次第に闇に包まれていった。

 潜水艇のライトがついに点灯すると、周囲にどこか別の惑星のような世界が現れた。

 1万2700平方キロ(関東平野とほぼ同じ面積)のノースイーストキャニオン・アンド・シーマウント海洋国定保護区には、延々と続く海底山脈があり、大渓谷が広がる。起伏に富んだ海底世界を、海の上から見ることはもちろんできない。

「まるで水族館にいて、水槽が延々に続く感じで生物たちを見ました」と、ウッズホール海洋研究所の深海生物学者ティム・シャンク氏は言う。「言葉を失いましたよ」

 2018年9月、ウッズホール、オーシャンX、NASAの研究者らは、オーシャンXとブルームバーグ・フィラントロフィーズから資金を受け、調査船アルーシア号に乗り込み、2週間の海洋探査に出た。(参考記事:「【動画】深海でかわいすぎる“ダンボ”タコに遭遇」

ライドニアキャニオンへと降りていく潜水艇ナディール号から上を見上げる主任科学者のティム・シャンク氏。(PHOTOGRAPH BY LUIS LAMAR, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像をタップでギャラリー表示]

保護区での商業活動を狙う政権

 オバマ前政権は2016年、生物多様性に富む海の自然を保護するため、この海域を海洋国定保護区に指定した。保護海域内では、漁業や資源採掘などの商業活動が制限される。

 ところがトランプ政権に替わると、状況は一変した。2017年暮れに、ライアン・ジンキ内務長官が、ノースイーストキャニオン・アンド・シーマウントをはじめ複数の保護区を商業活動に開放すると提案したのである。内務省は、この提案に関して動いていない。

 だが、保護区に人が入る可能性が出てきたことから、研究者は急いでこの海域の生態系を調査にすることにした。

ギャラリー:驚きの深海サンゴ生態系、命あふれる大西洋の海洋保護区 写真8点(写真クリックでギャラリーページへ)
Paramuriceaのポリプの近接写真。サンゴはゆっくりと成長し、わずか30センチほどの高さのものでも500歳を超えている可能性がある。(PHOTOGRAPH BY LUIS LAMAR, NATIONAL GEOGRAPHIC)

次ページ:海からの贈りもの

おすすめ関連書籍

Jewels in the night sea 神秘のプランクトン

夜の海にあらわれた、美しい浮遊生物。眼には見えないきわめて小さな姿をカメラで覗いてみれば、姿も、色も、生態も、うっとりするほどの世界。28年間、海の神秘を撮る男の渾身の写真集です。

定価:本体2,700円+税