食虫植物の獲物奪うクモ、実は植物にも利益あり

カニグモの一種(学名:Thomisus nepenthiphilus)。メスの成虫が、ウツボカズラの捕虫袋の入口付近で虫がやってくるのを待っている。前肢を大きく広げているのは、典型的な待ち伏せの姿勢。(PHOTOGRAPH BY WENG NGAI LAM, NATIONAL UNIVERSITY OF SINGAPORE)

【元の記事へ戻る】