超音波でしゃべるネズミの会話、スロー再生で解読

ケンカする夫婦は子育ても失敗しやすい、ネズミで解明

2018.12.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カリフォルニアシロアシマウスの鳴き声にはさまざまな種類があり、研究者はこの声を頼りに彼らの一夫一婦制の社会生活を解き明かそうとしている。(PHOTOGRAPH BY MARK CHAPPELL)
[画像のクリックで拡大表示]

 あなたがそのネズミに出会っても、鳴き声を聞くことはできない。カリフォルニアシロアシマウス(Peromyscus californicus)は、超音波で会話しているからだ。

 彼らの会話は、もとの5%のスピードでスロー再生してはじめて人間に聞こえる音程になる。そうすることで私たちは初めて、このネズミが表現力豊かな声をもっていたことを知るのだ。(参考記事:「怖すぎる 夜の鳴き声のクセがすごい動物たち」

「ネズミは哺乳類のなかでも特に多様性に富むグループです。鳴き声は、ネズミの生理のなかでもあまり注目されてこなかった部分です」と、10年ほど前にカリフォルニアシロアシマウスの鳴き声に気づいた米ノースカロライナ大学グリーンズボロ校の生物学教授マティーナ・カルコウニス=ルペル氏は語る。

 スロー再生したカリフォルニアシロアシマウスの鳴き声は、クークーという優しい声からぎょっとするような吠え声まで幅広い。

 米ウィスコンシン大学マディソン校の研究者ジョシュ・パルトラック氏らの研究チームは、その会話を読み解くことで、このネズミの社会生活や繁殖について考察、学術誌『Frontiers in Ecology and Evolution(生態学と進化のフロンティア)』誌に発表した。一夫一婦制で暮らすこのネズミのつがいはいったん引き離されると、ケンカしたり、溝を埋められない場合があるという。

いちゃいちゃしたり、怒ったり

 パルトラック氏が今回の研究で記録したネズミの鳴き声をいくつか紹介しよう。最初に3回聞こえる鳥のさえずりのような鳴き声は、親しみを示す最も一般的な鳴き声だ。次に2回聞こえる少し長い鳴き声は、パルトラック氏によれば、ネズミが「いちゃいちゃ」しているときの鳴き声、最後に1回聞こえるクジラの歌のような長い鳴き声も親しみを表すもので、関係の強まりを示している。(参考記事:「【動画】オオヤマネコの樹上対決、唸り声が怖すぎ」

最初に3回聞こえる鳥のさえずりのような鳴き声は、親しみを表す最も一般的な鳴き声だ。次に2回聞こえる少し長い鳴き声は、ネズミが「いちゃいちゃ」しているときの鳴き声だ。最後に1回聞こえるクジラの歌のような長い鳴き声は、絆が強まっていることを示す。

 次の吠えるような鳴き声が、怒りを表していることは明らかだ。「『あっちへ行け!』というようなメッセージですね」とパルトラック氏は言う。

吠えるような鳴き声は激怒を表す。

 怒りの声は、ネズミのつがいを引き離して別のネズミと一緒にし、その後で元の相手と再会させた場合に聞かれた。約半数のネズミがこのような反応を示した。

「夫婦ゲンカ」をしたネズミたちも、最終的には元のさやに収まった。しかし、より早い時期に親しみを込めた鳴き方に戻ったカップルや、全然ケンカにならなかったカップルの方が、健康な子どもを産み育てることが多かった。(参考記事:「「ひとり飲み」は離婚のもと、ネズミで確認」

 つまり、これらのネズミが「夫婦の危機をやりすごすことには繁殖上の利益があるのです」とパルトラック氏は言う。

 米ニューヨーク州、ユーティカ・カレッジの生物学者サラ・ケーソム氏は今回の研究には関与していないが、「社会的なコミュニケーションの質が繁殖の成功を左右することが確認されたのは非常に面白いと思います」と評価する 。

参考ギャラリー:2018年 思わず笑ってしまう野生動物の写真17点(画像クリックでギャラリーへ)
オラつくペンギンから感極まるリスまで、2018年のコンテストで最終選考に残った作品のなかから、愉快な動物の写真を紹介する。 (PHOTOGRAPH BY MARY MCGOWAN, CWPA/BARCROFT IMAGES)

次ページ:浮気を疑っているわけではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加