未曾有のペースで進む グリーンランド氷床融解

氷床コアから解析、過去350年間でもありえない速度で融解

2018.12.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「汚れた氷の塊」が融解を加速する

 気温が上昇するペースに比べて、氷床の融解がより速いペースで進んでいることもわかった。原因は、解けた部分の氷の色の変化だった。「真っ白なフワフワの雪を思い浮かべてください。一度解けると、空気中のチリなどで汚れますよね。つまり汚れた氷の塊に変わります」とトラセル氏は説明する。(参考記事:「ベネズエラ最後の氷河、十数年で完全に消滅か」

 氷床が解けて汚れると、真っ白な雪より太陽の熱を吸収しやすくなる。こうして融解が加速していく。「気温に変化がなくても、融解が止まらなくなるのです」。北極圏は、地球の中でも急速に気温が上昇している場所だ。このことを考えると、氷床の融解は良い兆候とは言えない。(参考記事:「南極の「緑化」の速さが3倍に、地球温暖化で」

 米メイン大学で氷河の研究を行うエリン・エンダーリン氏は第三者の立場で、「今私たちが目撃しているのは前代未聞の出来事です。融解が激しくなっている原因は地球温暖化で、温暖化の原因は、人間が大気中に温室効果ガスを排出していることです」と警告する。「これが地球からのフィードバックであり、人間はそのつけを払うことができなくなっています。今のシステムでは変化に対応できません」

【動画】北極の氷が解け、ナショナル ジオグラフィックの地図が変わる?
2014年に出版された「National Geographic Atlas of the World(第10版)」の地図をつくる際、ナショナル ジオグラフィックの地図製作者たちは新たな難題に対処しなければならなかった。北極の氷が解け、陸の形が変化していたのだ。 (解説は英語です)

文=ALEJANDRA BORUNDA/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第8弾。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加