【動画】一斉産卵するウミガメ、ジャガーが食べる

奇跡のようなウミガメの一斉産卵「アリバダ」、忍び寄るジャガーの影

2018.12.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】コスタリカの海岸でウミガメを食べるジャガー
毎年、数千匹のヒメウミガメが、卵を産むためにこのコスタリカの海岸に戻って来る。「アリバダ」と呼ばれる3日ほどの産卵行動は、エサを求めるジャガーも引き寄せる。ジャガーの登場は3分10秒ごろから。 (解説は英語です)

 中米、コスタリカのサンタ・ロサ国立公園。午後10時半を回る頃、人里離れた全長800メートルほどのナンシテ海岸で、ナショナル ジオグラフィックの撮影チームが神秘的な大移動を待ち受けていた。チームは、フィリペ・デアンドラーデがホスト役をつとめる「ナショジオ・ワイルド」のTV番組「アンテイムド」のクルーたちだ。ヒメウミガメが産卵のために群れをなして上陸する「アリバダ」を待っているのだ。

 チームはウミガメを驚かさないよう、動物に優しい赤色のヘッドランプを用い、時々白い光を砂浜に当てて目の前の光景を観察する。これから数時間の間に、体長60センチほどの数千匹ものウミガメが海岸を目指してやって来る。上陸は一斉産卵のためだが、それを待ち構えるジャガーの餌食になるウミガメもいる。

 撮影チームが狙っているのは、毎年この産卵地に一斉に上陸するウミガメを撮影すること、そしてほとんど目撃されたことがない、ジャガーがウミガメを襲って捕食する現場を映像に収めることだった。(参考記事:「【動画】ウミガメをもてあそぶシャチ、なぜ?」

「力強く目を引くジャガーだけでなく、ウミガメを好きになってもらいたいのです。そして、自然が大事だと思ってもらうきっかけにしたいと思います」と、デアンドラーデ氏は話す。「自然の大切さに気付いてもらうだけでも十分です」

食べ放題?

 サンタ・ロサ国立公園のナンシテ海岸は、研究者だけが立ち入りを許された場所だ。31歳のブラジル系米国人フィリペ・デアンドラーデ氏が、ジャガーによるウミガメの捕食について知ったのは、10年ほど前に自然ドキュメンタリー番組で簡単に取り上げられていたのを見たときだった。「海岸で大型のネコ科動物が爬虫類を食べる姿を見たら、頭が疑問符だらけになりますよね。私も興味をもった一人です。なぜ、どのようにして、そんなことが起こるのか。周囲の生態系にとって、どんな意味があるのか調べたくなったのです」

 ウミガメは、ジャガーにとっては簡単に殺せる格好の獲物だと言うのは、生物学者のルイス・フォンセカ氏。ナンシテ海岸が特別なのは、ここにジャガーが生息すること、そして1年に数回ウミガメが集団で産卵する場所だということだ。この神秘的なウミガメの大移動は「アリバダ」と呼ばれる。アリバダは産卵シーズンの、新月少し前の暗い夜に起こる。(参考記事:「【動画】ヒメウミガメ300匹超が大量死、メキシコ沖」

次ページ:ジャガーを追って右往左往

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加