絶滅寸前のスマトラサイを保護、繁殖に期待

残り10頭ほどのボルネオ島の個体、絶滅回避の大きな一歩となるか

2018.12.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
絶滅の危機にあるスマトラサイ。野生のスマトラサイは80頭以下しかいないと考えられ、IUCNは絶滅の恐れが最も高い「近絶滅種」に指定している。米オハイオ州シンシナティ動物園で撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 11月25日の朝、インドネシアのボルネオ島で、絶滅の危機に瀕しているスマトラサイが落とし穴式の罠に入った。

 とはいえ、密猟者が仕掛けた罠ではない。「スマトラサイ・レスキュー・アライアンス」という国際的な保護組織の連合体のもので、スマトラサイを絶滅から救うことが目的だ。(参考記事:「動物大図鑑 スマトラサイ」

 野生のスマトラサイは、すべての地域の個体を足しても80頭に満たないと考えられている。今回捕獲したメスは、現在飼育されていないボルネオ島のもので、パフと名づけられた。インドネシアですでに飼育されているほかの地域のサイと繁殖を行って、必要な遺伝的多様性を与えると期待されている。(参考記事:「絶滅寸前のサイ、保護のため捕獲後に死亡」

 国際サイ基金の理事であるスージー・エリス氏は、「生息数が80頭にまでなってしまったら、1頭1頭の価値はとても高まります。つまり、この1頭のおかげで飼育繁殖プログラムが拡大されるということです」と述べる。

「スマトラサイは、独特な進化系統を持つ哺乳類の1つです。今回の保護活動は、サイという生命の樹の1本の枝を失わないようにするために、どうしても必要な一歩なのです」と、ナショナル ジオグラフィック協会の副理事長兼主任科学者を務めるジョナサン・ベイリー氏は語る。ナショナル ジオグラフィック協会はスマトラサイ・レスキュー・アライアンスの参加団体のひとつだ。

「ただし、これは始まりにすぎません。この種を救うには、個人と団体のどちらからも、もっと強力なサポートが必要です」(参考記事:特集「サイの悲鳴」

スマトラサイのパフ。「スマトラサイ・レスキュー・アライアンス」がボルネオ島に仕掛けた落とし穴式の罠に入っていた。今のところ経過は順調だ。(PHOTOGRAPH BY RIDHO HAFIZH ZAINUR RIDHA, WWF-INDONESIA)
[画像のクリックで拡大表示]

一大プロジェクトでサイを輸送

 巨大な野生動物を運ぶときは、つねに細心の注意が求められる。しかも、パフを捕まえたのは低地の熱帯雨林の中にある人里はなれた鉱山地帯だった。輸送作業に非常な困難が伴うことは想像に難くない。(参考記事:「史上最大、サイ100頭の空輸計画」

 パフにはまず鎮静剤が投与され、運搬用の木枠に入れてトラックに載せられた。道中ずっと無事で快適に過ごせるよう、インドネシア、マレーシア、オーストラリアの獣医師たちが連携した。

 同時に、地元の鉱業会社のブルドーザーもチームに同行し、激しい雨による路上のごみを撤去した。さらに、興味をもった野次馬などに邪魔されないように、警察も同行した。

次ページ:繁殖しないと子宮に腫瘍ができてしまう

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加