装甲に覆われた新種恐竜
2018年7月に新種として登録されたアンキロサウルス科の恐竜アカイナケファルス・ジョンソニ。(ILLUSTRATION BY ANDREY ATUCHIN)

 ティラノサウルスやトリケラトプスといった名前を聞いて、わたしたちがすぐにその姿を思い浮かべられるというのは、ちょっとした奇跡だ。何しろこうした恐竜たちが地上を歩いていたのは、6600万年以上も昔のことなのである。(参考記事:「ティラノサウルスはこんな顔だった、最新報告」

 そんな奇跡を可能にしているのが、恐竜をはじめ太古の動物の姿をできる限り忠実に再現する、古生物アートあるいは古生物イラストレーションと呼ばれる分野だ。

「古生物アートは、強力かつ直接的に、太古の生命とわたしたち人間とのつながりを実感させてくれます」と、米ニューメキシコ州自然史科学博物館の研究員マット・セレスキー氏は語る。同氏は、同館で開催中の古生物アート展を担当している。

 古生物イラストレーターのブライアン・アング氏はこう語る。「難しく、チャレンジしがいのある芸術です。解剖学や生物学の知識が必要ですし、質感や周囲の環境を細かくリアルに表現する力や、動物の行動や生態系を信頼できるかたちで描写する能力が必要です」

 古生物アートはまた、科学者が自身の研究対象についてより深く考えるのにも役立つ。

 セレスキー氏は言う。「復元イラストには、化石記録に残っていないディテールを“肉付け”するために、どうしてもある程度の推測が入ります。そうした欠落を埋めていく過程で、画家と研究者が議論することが、手元にある証拠の解釈に役立つのです」

過去を復元する

 絶滅した動物の姿を復元するにあたり、イラストレーターはまず化石を精査する。化石の実物を手に取ることもあれば、学術論文を読み込む場合もある。アング氏は、化石を直接観察し、その生物の重要な特徴について専門家と話し合うというやり方を好んでいる。

「話し合う内容は、その生物がいつ、どこで暮らしていたか、食事、交尾相手、隠れ家をどうやって確保したのか、といったことです。この議論を元に、現代に生きている動物たちからヒントを得ながら、その生物に特有の姿や生態を描いていくのです」

ギャラリー:イラストでよみがえった恐竜・古代生物 12点(画像クリックでギャラリーページへ)
魚竜の愛
約1億5000万年前のジュラ紀後期に生息していた魚竜、クリオプテリギウス・クリスティアンセナエの交尾を描いた作品。(ILLUSTRATION BY ESTHER VAN HULSEN)

次ページ:「『血に飢えたモンスター』として描かれることが多すぎます」

おすすめ関連書籍

恐竜がいた地球

2億5000万年の旅にGO!

今からおよそ2億5000万年前から6500万年前、「進化の爆発」ともいえる時代の地球。恐竜はもちろん、海の生物や虫たちまで、この時代の生き物たちを迫力のビジュアルで紹介します。

定価:本体1,400円+税