火星に着陸成功、探査機はこれから何をする?

キューブサットのひとつ、MarCO-Bがとらえた火星。2018年11月26日に火星をフライバイ中、火星からの距離7500キロ地点で撮影した。(Photograph by NASA, JPL-CALTECH)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー