【動画】なぜセックスは隠れてするのか、鳥で研究

ヒト以外で唯一、優位のカップルも性行為を隠すアラビアヤブチメドリ

2018.11.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アラビアヤブチメドリ(Turdoides squamiceps)は人間と同様、優位に立つカップルでも日常的に性行為を隠す。このような行動が科学文献に記録されている、人間以外で唯一の種だ。研究チームがその理由を探った。

 アラビアヤブチメドリ(Turdoides squamiceps)の英語名 Arabian babbler は、アラビアのおしゃべりという意味だが、名前に似合わず私生活を他言することはない。

 最新の研究によれば、群れのなかで優位に立つカップルであっても、アラビアヤブチメドリはわざわざ仲間から隠れて交尾を行うという。このような行動は人間特有のものと広く考えられてきた。(参考記事:「東ヒマラヤの新種――チメドリ」

「群れを支配するオスとメスはカップルとしてのコミュニケーションや交尾そのものを隠すため、相当な努力をしています」と話すのは、学術誌「Evolution and Human Behavior」誌の11月号にアラビアヤブチメドリについての論文を発表したイツチャク・ベン・モカ氏だ。「彼らはこっそり抜け出し、交尾し、戻ってくるのです」。氏はドイツ、マックス・プランク鳥類学研究所の博士課程に在籍している。(参考記事:「ヒット曲はますますヒット、鳥で判明、最新研究」

 性的な行動を隠す種は多い。だが、通常は支配者に従う「下位」のオスのみに見られる。下位のオスには、支配的で攻撃的な「最上位のオス(アルファオス)」から隠れるもっともな理由がある。しかし、ベン・モカ氏によれば、アラビアヤブチメドリは人間以外で唯一、支配的なオスとメスが習慣的に密会する種だという。

アラビアヤブチメドリは日常的に性行為を隠す数少ない種の一つ。研究者たちは群れの協力関係を維持するためと考えている。(PHOTOGRAPH BY DANIELE OCCHIATO, BUITEN-BEELD/ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 アラビアヤブチメドリがその最も露骨な行動を隠すのは、主に社会生活のためだとベン・モカ氏は考えている。彼らは「共同繁殖」を行う。交尾をするのは通常、最上位のオスとメスだけだが、子育てには社会集団のメンバー全員が参加する。下位の個体も子供に餌を与え、縄張りを守り、捕食者を追い払う。(参考記事:「【動画】76羽のひな育てるカモ、なぜこんなことに」

 群れの中で堂々と交尾を行えば、特に、下位のオスが行為に加わろうとしたとき、衝突に発展する恐れがある。しかもチメドリの場合、負けたオスは群れを去らなければならない。言い換えれば、思慮深い行動は、厄介な社会的交換関係をとりつくろい、協力関係を維持する助けになるのだ。(参考記事:「【動画】衝撃、チンパンジーが元ボスを殺し共食い」

性生活を調査

 研究チームはイスラエル南部のシェザフ自然保護区で、3度の繁殖期を観察した。アラビアヤブチメドリが暮らす砂漠地帯に雨が降ると、散発的に繁殖が始まる。

 ベン・モカ氏は、メスが1つめの卵を産むまで待ち、その後、カメラで追跡する方法をとったという。アラビアヤブチメドリのメスは4〜6日間にわたり、毎日1個ずつ卵を産む傾向があり、産卵するとすぐ、受精のために交尾を行う。この間、最上位のオスはメスのそばで密会のタイミングを待っている。

 機が熟すと、カップルのどちらかが姿を消し、パートナーだけがわかる場所に行く。ベン・モカ氏によれば、オスは時折、自分の意思を伝えるため、小枝や卵の殻、食べ物のかけらをくわえて振り回すという。その後、カップルは茂みの陰や群れの仲間から見えない遠くに立ち去る。

 愛を交わす時間は本当に短い。カップルは1〜3回ほど交尾し、数分後、何事もなかったように戻ってくる。

次ページ:「重要なのは刺激を隠すこと」

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟【限定バッジ付き】

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

“絶滅危惧の鳥を守る”応援バッジの特典付き!

定価:本体2,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加