バイオプラスチックは環境に優しいって本当?

プラスチック代替品としての潜在能力を専門家に聞いた

2018.11.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイオプラスチックは、ストローや食器のような使い捨てプラスチック製品の代替材料として普及しつつある。(PHOTOGRAPH BY REBECCA HALE AND MARK THIESSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラスチックの代替品として、「バイオプラスチック」が注目されている。

 頭に「バイオ」と付くと地球に優しい製品のようだが、果たしてバイオプラスチックは環境問題に有効なのか? 石油由来のプラスチックと同じように便利に扱えて、かつ環境への負荷が少ない材料なのだろうか?

 科学者やメーカー、環境の専門家が口をそろえて言うのが、バイオプラスチックの利点は、多くの「たられば」の上に成り立つものであり、一概に有効とは言えないということだ。

 そもそもバイオプラスチックとは何だろうか?

 バイオプラスチックとは単に、石油からではなく、植物などの生物由来原料から作られたプラスチックのことで、英語ではバイオベースプラスチックと呼ばれることも多い。

 こうしたプラスチックには、トウモロコシやサトウキビのような植物の成分からつくられるポリ乳酸(PLA)や、微生物が合成するポリヒドロキシアルカン酸(PHA)などがある。PLAは食品包装に広く使われている一方、PHAは縫合糸や心臓血管用パッチのように医療用途で使われることが多い。

 PLAはエタノールなどと同様に大規模工場で生産されるため、価格も安価で、ボトルや食器、繊維製品などに広く使われている。(参考記事:「欧米で回避されるBPA、代替物質も有害?」

炭素排出削減には有効そうだが

「バイオベースプラスチックについての議論は、カーボンフットプリントの削減に関するものです」とバイオプラスチックを研究する米ミシガン州立大学の化学工学者ラマニ・ナラヤン氏は言う。

 世界の石油の約8%がプラスチック製造に使われている。バイオプラスチックを推進する人々は、この石油使用量を削減できることが、バイオプラスチックの大きな利点であると語ることが多い。この議論は、「バイオプラスチックを廃棄することで放出される炭素は、植物が成長する際に吸収した炭素を循環させているだけ」という考えに基づいている。つまり化石燃料を使うプラスチックに比べて植物由来のプラスチックのほうが、炭素の循環にかかる時間が短いため、大気中の二酸化炭素濃度への影響、ひいては地球温暖化に対する影響が少ないという考えだ。

「もう1つ有効とされる点は、植物バイオマスが再生可能だということです」とナラヤン氏は話す。「植物は世界中で栽培できるのに対し、石油が産出するのは一部の地域だけです。バイオプラスチックは地方の農業経済を支えています」

 バイオベースプラスチックの評価には多くの要素を考慮に入れる必要があると、ジョージア大学の環境工学者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるジェナ・ジャムベック氏は言う。「どこで栽培するのか? どのくらいの土地を使うのか? どのくらいの水が必要か? というようなことです」

 バイオベースプラスチックが石油由来のプラスチックに比べて本当に環境に良いのかという問いには、「多くの『たられば』に基づいており、大きな疑問が残ります」同氏は話す。(参考記事:「大気で作るガソリンを開発、実用化へ道筋」

次ページ:「海へ流れ込んでも分解しない」

おすすめ関連書籍

2018年6月号

海に流れ出るプラスチック/プラスチック4つの視点/タンチョウ/消えた入植者たちの影/サッカーボールを追って/極北の野生に迫る危機

地球か、それともプラスチックか? ナショジオはプラスチック問題に取り組むことを宣言します。鳥シリーズ「タンチョウ」ほか魅力的な特集を満載。特製ポスター付き!ワールドカップ目前「スタジアムの過去・現在・未来」

価格:本体1,083円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加