危険ウイルスもつ外来サルが勢力拡大、フロリダ

30%のサルから人命に関わるBウイルスが見つかったと報告

2018.11.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フロリダ州のシルバースプリングス州立公園で増えすぎてしまったアカゲザルから、人間に感染すると死に至ることもある危険なウイルスが見つかり、州政府は対応を迫られている。(PHOTOGRAPH BY JOHN RAOUX, AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国フロリダ州のシルバースプリングス州立公園には、南アジアや東南アジア原産のアカゲザルが少なくとも300匹は生息している。繁殖が早く、何らかの措置を取らなければ2022年までに生息数が今の2倍に増えると予測されている。

 10月26日付けの学術誌「Wildlife Management」に発表された調査報告書は、サルが増えすぎると公園の安全性が損なわれ、観光客にも深刻な被害が及ぶ恐れがあると警鐘を鳴らした。サルによって引き起こされる問題は様々だが、なかでも心配なのは、園内のアカゲザルから人の命に関わるBウイルスが見つかったことである。サルから人間への感染例はわずかだが、感染すれば脳や脊髄に炎症を起こし、脳障害を引き起こしたり、死に至ることもある。

[画像のクリックで拡大表示]

 フロリダ州にアカゲザルがやってきたのは1938年のこと。ツアー船を経営していた「カーネル・トゥーイー」と呼ばれる人物が、現在は州立公園になっている敷地内の小さな島にターザンをテーマにしたアトラクションを作ろうと計画した。そこでニューヨーク市の霊長類ディーラーから6匹のアカゲザルを購入し、島に放した。ところが、その計画はすぐに頓挫した。

 トゥーイー氏は知らなかったのだが、アカゲザルは泳ぎが得意だった。島に到着して数時間もたたないうちに、赤ら顔のサルたちは森へ逃げてしまった。しかたがないのでもう6匹持ち込んだが、それも逃げ出した。そのサルが繁殖し、1980年代には、20平方キロメートルの公園内に数百匹が生息するようになった。(参考記事:「24匹が8億匹に! ウサギで豪大陸を侵略した英国人」

 1984年から2012年の間、繁殖の速度を抑え、人間との接触を避けるために、州政府は1000匹以上のサルの駆除を許可した。また、20匹のメスザルに避妊手術を施した。

 だがサルは増え続けている。米テキサスA&M大学キングスビル校の野生生物生態学者で今回の調査チームを率いたジェーン・アンダーソン氏によると、現在は年間11%前後の速度で増えているが、毎年メスの半分に避妊手術を施せば、個体数は3分の1に減らせるという。

 また、成体と成体に近いサルの半分を2年ごとに16年間駆除し続ければ、アカゲザルは完全に根絶させることが可能だとアンダーソン氏は言うが、地元住民はそこまでの措置を支持していない。(参考記事:「「史上最大」のネズミ根絶プロジェクトが成功」

 避妊手術と駆除は、2012年に突然打ち切られた。サルが公園から運び出されて売られていた事実が明るみに出たのである。州の許可を受けた業者は、それまでに1000匹以上のサルを捕獲して生物医学研究に売り渡していたとして、動物愛護団体の非難を浴びた。ある業者は、ひとりで700匹のサルを捕獲し、売り飛ばしていた。

次ページ:やっかいなサル

おすすめ関連書籍

こざる温泉

会いに行けるしあわせ動物

「会いに行けるしあわせ動物」シリーズ第2弾。

定価:本体1,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加