南極のウミグモにくっつく生物、どれだけ重荷?

南極に生息する体長約15cmのウミグモ「アンモテア・グラキアリス」。エボシガイがいくつもくっついている。(PHOTOGRAPH BY STEVEN J. LANE)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー