古代ペルーの木像 木製から意外なものに変身

宮殿守護者の木像の、木製部分がシロアリの糞に変わっていることがわかった

2018.11.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペルー北部、チャン・チャン遺跡にあるウツアン宮殿の儀式用通路を守護していた750年前の木像。(Photograph courtesy Ministry of Culture)
[画像のクリックで拡大表示]

 ペルー北部にあるチムー文化の宮殿遺跡で、“守護者”をかたどった750年前の木像が見つかった。喜びにわいていた考古学者たちは、木像を土の中から掘り出して、さらに驚いた。19体の木像はシロアリに食い荒らされ、人の形をした70センチほどの木像の大部分がシロアリの排泄物に入れ替わっていたからだ。(参考記事:「鳥の笛、チムー王国の墳墓」

 すべての木像がシロアリに食い荒らされていたわけではないと、主任考古学者のヘンリー・ガヨソ氏は語る。とはいえ、ほとんどシロアリの糞でできているのではないかと思われるほどの像もあれば、層になった糞の下にもとの木の構造が残るものもあるようだと、同氏はナショナル ジオグラフィックのメール取材に答えている。

 木像は粘土でできた仮面を被り、片手に木製の笏(しゃく)状のもの、もう片方の手には切り落とされた人の首と見られるものを持っている。ところで、どうしてシロアリに食い荒らされた木像は、今に至るまで原形をとどめることができたのだろうか?

像は仮面を被っているが、木部の多くがシロアリに食われ、糞が詰め込まれていた。(Photograph courtesy Ministry of Culture)
[画像のクリックで拡大表示]

 秘密はシロアリの生態にある。シロアリは光を避ける。このため、木の中を食い進むときも、トンネルの中に光が入らないようにするのだと、米ペンシルベニア大学考古学人類学博物館の管理責任者、リン・グラント氏は説明する。(参考動画:「シロアリの女王の生活」

「シロアリの糞が、シロアリが作ったトンネル全体に詰まっているとは限らないので、一見、像の形が残っているように見えても、注意して扱わないと、その形は簡単に崩れてしまいます」と言う。「ともあれ、発掘チームには、おめでとうと言いたいですね」

「木像が形を残していたというのは驚きです」と言うのは、米スミソニアン博物館保全研究所の所長、ロバート・ケストラー氏だ。「700年後の現在も、往時の形が残るというのは、大変なことなんですよ」

次ページ:世界の注目を浴びるチムー文化の遺跡、動画も

おすすめ関連書籍

最強の帝国

覇者たちの世界史

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第9弾。古代から近代まで、歴史上に現れた世界の強大な帝国を詳細に解説したビジュアル歴史読本。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加