夏の異常気象、2100年までに1.5倍に? 最新研究

熱波、洪水、干ばつ、山火事など北半球の気象災害の原因、極端気象の長期化で

2018.11.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年5月6日、カナダ、アルバータ州フォートマクマレー近郊の森が炎に包まれた。今回の研究では対象とされたのは、壊滅的な被害を出したこの山火事のような災害だ。(PHOTOGRAPH BY COLE BURSTON, AFP/ GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年の夏、北半球では、前例のない熱波や干ばつ、洪水、山火事などが多発した。これらの気象災害は、北極の急速な温暖化によってもたらされる大気の状態と関連がある。10月31日付けの学術誌「Science Advances」に発表された新たな論文によると、このまま地球温暖化が続けば、こうした気象災害は2100年までに平均で1.5倍に増え、最大で3倍になる恐れもあるという。

 史上最悪の被害をもたらした米カリフォルニア州の山火事や、ヨーロッパの熱波、前代未聞の北極圏での森林火災、日本の洪水はすべて、上空のジェット気流が遅くなり、極端な気象状況が長引いたために起きた、と論文の筆頭著者で、米ペンシルベニア州立大学の気候学者マイケル・マン氏は言う。(参考記事:「より遅く危険になる台風、上陸後の速度は30%減」

 2018年の夏だけではない。2011年に米国のテキサス州からオクラホマ州にかけて起きた干ばつ、2013年にヨーロッパを襲った洪水、2015年には米カリフォルニア州で、2016年にはカナダのアルバータ州で発生した山火事なども、北極の気温が上昇し、ジェット気流が乱れたことと関係がある。

「テレビ番組やニュースなどで報じられる気候変動の影響を、私たちは目の当たりにしているのです」とマン氏は話す。(参考記事:「地球温暖化の影響は想定より深刻、IPCCが警告」

 このまま化石燃料を燃やし続ければ、こうした災害はさらに多く、より激しくなると同氏は言う。「炭素の排出量を減らす対策をただちに取らなければ、大幅に悪化する可能性があります」

 くしくもこの論文と同じ10月31日付けで学術誌「ネイチャー」に発表された新たな論文では、近年、世界中の海が、これまで考えられていたよりも多くの熱を吸収してきたと示唆された。つまり、人為的に排出された温室効果ガスにより、温暖化はさらに加速する可能性があり、ひいては気象への影響も強まるかもしれない。

ギャラリー:悪天候と高潮が重なったベネチアの水害 写真11点(画像クリックでギャラリーへ)
水没した道路を歩く女性。「水の都」の愛称を持つベネチアの当局によれば、街の約75%が浸水の被害に遭っているという。(PHOTOGRAPH BY ANDREA MEROLA, ANSA VIA AP)

ジェット気流の蛇行が停滞すると

 はるか上空を西から東へ吹く北半球の寒帯ジェット気流は、北極の寒気と熱帯の暖気の温度差によって生じる。北極は、他の場所よりも2〜3倍も急速に温暖化しているため、気温差が小さくなり、ジェット気流が遅くなる。流れが遅い川と同じように、ジェット気流も遅くなると大きく蛇行しがちになり、夏の間は時に何週間もその蛇行が停滞することがある。(参考記事:「北極海の海氷面積、観測史上2番目の小ささに」「今冬の異常気象、原因は北極の温暖化?」

 今回の研究では、現在から2100年までの間に、夏のこうした現象が起きる頻度を気候モデルを用いて予測した。すると、わずかに減少するというものから3倍に増加するというものまで、さまざまな結果が得られた、と「Science Advances」の論文の共著者で、ドイツのポツダム気候影響研究所の研究員カイ・コーンフーバー氏は話す。結果がばらついた理由は、十分な長期的データがないことに加えて、雲が空を覆う割合と大気汚染による微粒子の複雑な関係の取り扱いが、さまざまな気候モデルで異なるためだと、同氏はインタビューで答えた。

「しかし、5割増えるというのは、非常に可能性の高い、とても控えめな予測です」と同氏は話す。

石炭火力発電所の停止は効果的

 論文によれば、石炭火力発電所を閉鎖すれば、2018年の夏のような異常気象を今後最小限に抑えられるという。石炭火力発電所は、太陽熱を吸収する二酸化炭素の主要な排出源だ。同時に、太陽の熱の一部を反射して、局地的な寒冷化を引き起こす微粒子やエアロゾルなどを排出する深刻な大気汚染源でもある。(参考記事:「脱石炭を図る中国政府、変われない地方の製鉄所」

「先進工業国における大気汚染物質の排出量を削減すれば、中緯度地域と北極の自然な気温差をある程度本当に回復できるのです」と、論文の共著者でポツダム気候影響研究所の気候学者シュテファン・ラームシュトルフ氏は話す。

 そうなれば、ジェット気流は比較的弱まらず、異常気象の増加が抑えられるだろう。同氏はプレスリリースでこう述べた。「危険な異常気象の増加を抑えたいなら、石炭の使用をすみやかに段階的に停止するのはとても良い考えだと思います」

ギャラリー:石炭はどこまで「クリーン」になれる?(画像クリックでギャラリーへ)
炭鉱に暮らす少年が、大きな石炭の塊を家まで運ぶ。家族はこれを燃やして、火力が強い燃料のコークスを作り、自宅で暖房や調理に利用したり、商品として売ったりする。(PHOTOGRAPH BY ROBB KENDRICK)

文=STEPHEN LEAHY/訳=牧野建志

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第8弾。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加