チョコレートの起源、明らかになった2つの新事実

従来説を覆すカカオの栽培の歴史、いつ、どこで始まったのか?

2018.11.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古代マヤ文明の都市カラクムルから見つかった絵。カカオ飲料を作って飲む様子が描かれている。(PHOTOGRAPH BY KENNETH GARRET, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 チョコレートのもとになるカカオを、人類はいつ、どこで育て始めたのだろうか? 研究者たちは長らくこの謎に関心を持ち続けてきた。

 マヤ、アステカといった古代メソアメリカ文明で、チョコレートは非常に大切にされ、宗教儀式で使われたほか、カカオ豆は通貨としても用いられていた。 カカオはなぜ、どのようにして重要な地位を占めるに至ったのだろうか?(参考記事:「古代アメリカのカカオは宝石に匹敵?」

 考古学者たちは長い間、カカオを初めて使ったのも、初めて栽培したのも、メソアメリカ(古代文明が栄えたメキシコから中米にかけての地域)の人々であると考えてきた。考古学的な証拠によれば、メソアメリカで初めてカカオが使われたのは約3900年前とされる。(参考記事:「メソアメリカ文明の高度なゴム製造技術」

 しかし、2018年10月に科学誌「コミュニケーションズ・バイオロジー」に掲載された研究で、新たな説が示された。それによると、カカオが初めて栽培植物となった場所はメソアメリカではなかったという。

 栽培カカオの起源を突き止めようと、研究者たちはカカオの木200本のゲノムを分析。次いで、それぞれの集団が遺伝的にどれほど近いかを調べた。

 ある植物が栽培植物になる(栽培化される)場合、人は望ましい特徴をもつものを選び、それを何度も繰り返し交配して、大きさや味などを「改良」していく。その結果、栽培化された植物の遺伝子は、野生種ほど多様ではなくなる。

 初期に栽培された種の有力候補の1つがクリオロ種だった。古代マヤで栽培されていた、世界で最も珍重される種類のカカオだ。この極めて貴重なカカオ(現在、世界中のカカオのうち5%しかない)を使ったチョコレートは、深く複雑な風味を愛する世界のお菓子好きから高く評価されている。また、中米で見つかっているクリオロの木は、アマゾン盆地で見つかるものとは明らかに異なることが専門家の間で知られている。(参考記事:「魅惑のチョコの甘く長い歴史」

【動画】昔ながらのチョコレート作り
古代マヤの伝統的なチョコレート作りは、グアテマラのアンティグアで今も盛んに行われている。4代目になるチョコレート店「チョコラテ・タサ」の職人たちがカカオを収穫してローストし、すりつぶして乾燥させる。手作業で4日かかるプロセスだ。(解説は英語です)

次ページ:新しく書き換えられたチョコレートの起源

おすすめ関連書籍

食材の科学

菜食とスーパーフードの魅力再発見

「おいしさと健康を両立させる知識が詰まっている」、と絶賛!

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加