水の都ベネチアが洪水で水没 悪天で高潮が発生

観測史上4番目に高い水位。イタリアの古都ベネチアに対策はないのか?

2018.11.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高潮で水浸しになったサン・マルコ広場には、浸からないように台を使った歩道が設置された。2018年10月29日、イタリアのベネチアで撮影。(PHOTOGRAPH BY MANUEL SILVESTRI, REUTERS)
[画像のクリックで拡大表示]

 既に新聞やテレビで報道されているように、嵐と高潮が原因でイタリアの古都ベネチアの約75%が水没した。(参考記事:「2009年8月号 ベネチア 霧の中の未来」

 2018年10月29日には、ベネチアの名所サン・マルコ広場が閉鎖された。観光客のため、高床式の歩道が設置され、救助活動も行われた。店主たちは懸命に建物から水をくみ出した。水位は観測史上4番目に高い1.5メートルを記録。わかっているだけで死者は11人、今回の水害の深刻さを物語る。

「水の都」「運河の都」などの愛称で知られるベネチアは、街そのものの存続を左右する脅威にさらされている。ベネチアは海抜が低く、海面上昇の影響を直接受ける。数多くの文化遺産や住民たちが水害に遭う様子はしばしば報じられる。気候変動によって、地中海沿岸は21世紀末までに約1.5メートル近く海面が上昇するとの推測もある。これが現実のものになれば、ベネチアは日に2度水没することになると専門家たちは警鐘を鳴らす。そして、現状では、年4回、深刻な水害に見舞われているのが今のベネチアの姿だ。(参考記事:「恒例のベネチア冠水、その対策は?」

 もちろん、ベネチアのリーダーたちも手をこまねいているわけではない。斬新なアイデアで水害を防ごうとしている。「MOSE」(モーゼ)と名づけられたプロジェクトがそれだ。MOSEは「MOdulo Sperimentale Elettromeccanico」(電気機械実験モジュール)の頭文字をとったもので、可動式の防波堤で街とラグーン(潟)を守ろうという計画だ。だが、期待のプロジェクトはあまり進んでいない。その大きな理由が汚職だと考えられている。また、仮に完成したとしても、古い技術をベースにした計画であることから、長期間ベネチアを洪水から守るのは難しいのではないかとの科学者や技術者からの指摘もある。

 ナショナル ジオグラフィックは、2016年に「イタリアの裁判所による調べで、初期費用は20億ユーロ(約2560億円)前後になると見積もられていたが、すでに65億ユーロ(約8320億円)以上投じられており、少なくとも20億ユーロが賄賂に使われたと判明した」と報じた。その後の警察の捜査の結果、市と州の当局者が複数逮捕、収監されている。(参考記事:「観光客の波がベネチアを台無しにする?」

 ベネチアに長く暮らしながら、海面上昇と増える観光客による家賃の高騰に嫌気が差して街を出た人もいる。その一方で、ベネチアの価値を考えると、見捨てることなどできないと言う人もいる。

 歴史学者であり作家でもあるサルバトーレ・セティス氏はナショナル ジオグラフィックの取材に対し、「ベネチアを死なせてはいけません。とても重要な街だからです。市民のためだけでなく、全人類のためにも、ベネチアは絶対に保存しなければなりません」と語った。

ギャラリー:悪天候と高潮が重なったベネチアの水害 写真11点(画像クリックでギャラリーへ)
水没した道路を歩く女性。「水の都」の愛称を持つベネチアの当局によれば、街の約75%が浸水の被害に遭っているという。(PHOTOGRAPH BY ANDREA MEROLA, ANSA VIA AP)

文=BRIAN CLARK HOWARD/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

気候変動 瀬戸際の地球

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第8弾。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加