仮装にいかが?生物界のモンスター赤ちゃん 6選

「母親の体を食べる」「肉食に変身」恐ろしげな習性を持つ生き物たち

2018.10.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウスバカゲロウの幼虫(アリジゴク)は、見た目を裏切らない獰猛な捕食者だ。この個体は米シダーポイント生物学実験所で撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 人間の子どもたちはハロウィンにモンスターの仮装をするが、生物の赤ちゃんの中には本当にモンスターのような習性を持つものもいる。今回の記事では、かわいいと言うよりは恐ろしい子どもの例をいくつか紹介しよう。

ある日、肉食タイプに変身

 米国東部に生息するスキアシガエルの仲間は、生まれた直後は雑食性で、藻や砂の中の有機堆積物などを食べている。ところが、別種のオタマジャクシの肉を一口かじったとたん、彼らは「肉食タイプ」へと変身を遂げるのだ。(参考記事:「写真:もうすぐ大人になるスキアシガエル」

 肉食タイプになったオタマジャクシは、体形も変化する。より「大きな口」をもち、「とても大きな個体」に成長すると、米ロサンゼルス自然史博物館のグレッグ・ポーリー氏は言う。

 肉食タイプになると、植物は食べない。ホウネンエビや近縁種のカエルを好み、さらには自分と同種の仲間を食べることもあるという。

母親の体を食べる

 アシナシイモリは、地中で暮らす足のない両生類で、その赤ん坊は生きている母親の体の一部を食べる。

アシナシイモリの母親は、子どもの最初の餌にするための特殊な皮膚層を発達させている。この黄色い筋の入ったアシナシイモリは、米サンアントニオ動物園で撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 母親は脂肪質の外皮をまとっており、赤ちゃんは特殊な歯を使ってこの外皮をかじり取って食べる。「自分の体から栄養分を赤ん坊に移行させている」という意味では、「哺乳類が赤ん坊に母乳をあげること」とさほど変わりはない行為だと、ポーリー氏は言う。(参考記事:「まるで鶏肉、ウロコをはがす新種のヤモリを発見」

おとなの3倍もある巨体赤ちゃん

 アベコベガエルのオタマジャクシの特徴は、恐ろしい性質ではなく、全長25センチという巨体。しかも彼らの成体は、体長がわずか7センチほどしかない。

 このモンスターサイズの赤ん坊の体は、いったいどうやって縮むのだろうか。

 ポーリー氏によると、アベコベガエルのオタマジャクシの体の大部分は尾で、これがオタマジャクシからカエルへの「劇的な変態」のためのエネルギーを供給するのだそうだ。(参考記事:「新種のカエルを発見、オタマジャクシにならず」

次ページ:人に触れずに、幼虫を体内へ送り込むハエ

おすすめ関連書籍

心を操る寄生体

奇怪なメカニズムに迫る

雑誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」の好評記事をデジタル化してお届けする「ナショジオ・セレクション」。

定価:本体300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加