実は肉食も!?“草食恐竜”パキケファロサウルス

定説覆す新しい歯の化石に研究者ら驚愕、最新報告

2018.10.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
復元されたパキケファロサウルスの頭蓋骨の化石。獣脚類の恐竜のような歯をもつ。(PHOTOGRAPH BY BRIAN BOYLE, ROYAL ONTARIO MUSEUM)
[画像のクリックで拡大表示]

 ティラノサウルストリケラトプスと同じ時代を生きたパキケファロサウルスは、ドーム型の頭頂部をもつ、体長4.5メートルほどのきゃしゃな体つきの恐竜だ。しばしば温和な草食恐竜として子ども向けの本や映画などに登場する。しかし、このほど米国ニューメキシコ州アルバカーキで開かれた古脊椎動物学会で、これまでで最も状態のよいパキケファロサウルスの顎の化石に関する報告があり、科学者たちを驚愕させた。

 今回のパキケファロサウルスはまだ幼い個体で、過去の標本とまったく同じように、顎の奥の方には、幅の広い、木の葉のような形の歯が並んでいた。この形の歯は、ざらざらした植物や果実や種子を細かく刻むのに適している。

おそらく成熟した成体のパキケファロサウルスでは、前頭頭頂骨のドームが広くなり、頭蓋骨の後ろ側の装飾は減っている。(ILLUSTRATION BY KARI SCANNELLA)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、顎の前の方には、ティラノサウルスやヴェロキラプトルなどの肉食恐竜のような、尖った刃物のような三角形の歯が並んでいた。パキケファロサウルスでは、これまで見つかっていなかったタイプの歯だ。この歯が、若いうちだけ一時的に生えているものなのか、年をとるまでずっと生えているものなのかは、まだわからない。

 アルバカーキでの学会に参加していた英エジンバラ大学の古生物学者スティーブ・ブルサット氏は、パキケファロサウルスが少なくとも成長段階の一時期にこうした歯をもっていたという事実は非常に興味深いと言う。(参考記事:「最古の巨大恐竜類の化石を発見、進化の定説覆す」

「私は15年間、獣脚類という肉食恐竜の研究をしてきましたが、あの歯を手渡されたら、獣脚類の歯だと言うでしょう」とブルサット氏は言う。「パキケファロサウルスは、くちばしと鋭利なステーキナイフのような鋸歯をもっていたのです……彼らは、何らかの肉を食べていたに違いありません。他にステーキナイフのような前歯をもつ理由があるでしょうか?」(参考記事:「最凶の“半水生”魚食恐竜、実は泳ぎがヘタだった」

次ページ:成長するにしたがって形態変化

おすすめ関連書籍

羽毛恐竜と巨大昆虫

7つの謎で解き明かす太古の世界

3億~1億2000万年前の恐竜・昆虫・哺乳類の姿をいきいきと再現!

定価:本体2,800円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加