寄生バチの幼虫に操られたシロガネグモの一種(Leucauge argyra)は、寄生虫の幼虫の成長に必要な繭を作るための特殊な糸を吐出させられる。(PHOTOGRAPH BY ANAND VARMA, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像をタップでギャラリー表示]

 映画やテレビで人気のゾンビは架空の存在だ。だが、現実世界には、宿主を「動く死体」のように操る寄生虫がいる。

 寄生虫は、言ってみればマインドコントロールの達人だ。自らを利するように宿主の中から宿主を操り、ときに自滅的な行動をとらせる。 (参考記事:「ナショナル ジオグラフィック2014年11月号 世にも恐ろしい 心を操る寄生体」

「寄生虫の中には、自分たちが快適に暮らしたり、栄養をたくさん摂れたりできるように宿主の行動を変えたり、宿主を別の環境に移動させたりするものがいます」。こう語るのは、米コロラド州フォートコリンズにあるコロラド州立大学の生物学者、ジャニス・ムーア氏だ。

 ムーア氏は続ける。「宿主の行動を変えることで、寄生自体がしやすくなり、自然選択で生き残る可能性も高まります」。寄生虫から見れば、この戦略は成功への近道だ。

 ハロウィン(10月31日)も近い。ここでは、宿主の心を操ってゾンビにする5種類の寄生虫を紹介しよう。

クモの糸を操るハチ

 コスタリカに生息するクモヒメバチ(学名: Hymenoepimecis argyraphaga)のメスは、シロガネグモの一種(学名:Plesiometa argyra)の腹部に卵を産みつける。

 幼虫は、数週間寄生したあと、クモに化学物質を注入する。すると、クモが出す糸は、今までとは異なる奇妙なものになる。 (参考記事:「世界最大のクモの巣:幅25メートル」

 この糸はクモのためのものではない。なんと幼虫がクモを殺して食べたあとに作る繭を支えるものなのだ。

ゴキブリをゾンビ化する寄生バチ

 卵を産む準備を整えたエメラルドゴキブリバチのメスは、子どもたちの生きた保育所となるゴキブリを探す。

 ゴキブリを見つけると、まず前足を麻痺させる毒を注入し、続いて頭にもう一度毒を送りこむ。イスラエルのベン=グリオン大学のフレデリック・リバーサット氏らのグループは、この毒が行動の開始を司る脳の特定の部位に作用することを突き止めた。 (参考記事:「脳に入る寄生虫が温暖化で北上、ナメクジに注意」

次ページ:ウシ→カタツムリ→アリ→ウシの無限ループ

おすすめ関連書籍

生き物の不思議な力

ナショナル ジオグラフィック日本版2015年6月号で大反響のあった特集「マリファナの科学」をはじめ、驚きに満ちた生命の世界を存分に味わうことができる1冊。

定価:本体1,200円+税