マグロの大量不正取引を摘発、違法は合法の倍か

79人を逮捕、タイセイヨウクロマグロの密売量は年間2000トン超

2018.10.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイセイヨウクロマグロ。欧州の当局がその大量不正取引を摘発した。(Photograph by Brian J. Skerry, Nat Geo Image Collection)
[画像のクリックで拡大表示]

 タイセイヨウクロマグロは 最速の部類に入る魚だ。おそらくは最もおいしい魚でもあり、寿司では最高級とされている。巨大な魚体は金属のように光輝き、体重は500キログラムに達するものもいる。違法に取引すれば、一獲千金のチャンスもある。(参考記事 :「タイセイヨウクロマグロ」

 欧州刑事警察機構(ユーロポール)によると、国際的な犯罪組織が取引するタイセイヨウクロマグロは年間2000トンに上るという。これはシロナガスクジラ10頭分を超える量だ。予想を超えるこの報告は、欧州における違法取引の規模が、合法的なものの倍に達する可能性を示している。

「中トロ作戦」

 捜査は、スペイン、ポルトガル、フランス、マルタ、イタリアにまたがって数カ月間行われた。その末に、スペインの警察が79人を逮捕し、80トンを超すタイセイヨウクロマグロを押収した。7台の高級車と50万ユーロの現金も差し押さえられた。ユーロポールが逮捕を発表したのは先週だが、実際の逮捕は6月末のことだ。

 ユーロポールの環境犯罪の専門家、ホセ・アルファロ氏によれば、今回の摘発調査はマグロの高級部位にちなんで「タランテッロ(中トロ)作戦」と命名された。作戦を指揮したのはユーロポールだが、関係諸国が連携。書類偽造や密輸に関わったとみられる犯罪組織のほか、複数の水産会社が関与していたと、ユーロポールはみている。(参考記事:「【動画】拿捕の中国船にサメ数千匹、ガラパゴス」

 アルファロ氏によると、押収されたクロマグロはほとんどが道路脇で回収したものだという。スペイン、ポルトガル、イタリアで一斉捜査が行われたと知って、マグロを運んでいたトラック運転手が慌てて投げ捨てたらしい。

 このニュースは、環境保護団体に衝撃を与えた。「違法取引の規模に驚きました。由々しき事態です」と、大西洋まぐろ類保存国際委員会(ICCAT)においてピュー慈善財団 の代表団長を務めるパウルス・タック氏は語る。ICCATは、年間のマグロ漁獲可能量や国別漁獲割当量を設定している世界的な組織だ。

 捜査員らは、マグロの密売組織は長年にわたって活動しており、年間で最大2500トンを密売し、1200万ユーロを超える利益を得ていたとみている。また、違法操業を追跡していた欧州当局は、イタリアやマルタ近海で水揚げされた魚がフランス経由でスペインへ輸入されていたことを突き止めている。

 この大規模な違法操業は、タイセイヨウクロマグロの持続可能性を脅かしかねないと、タック氏は指摘する。大がかりな違法操業が明るみに出たことは、今後マグロの漁獲可能量について交渉する際の重要な材料となるという。

次ページ:保管状態が悪く食中毒の被害者も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加