【動画】テッポウウオ、人間の顔を見分けて狙撃

角度を変えても成功、「魚の脳は単純ではありません」と研究者

2018.10.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】顔を見分けて撃ち落とす!(解説は英語です)
画面に表示される顔に水を噴射させる最近の実験から、テッポウウオは人間の顔を識別できることがわかった。

「選択肢の中から正しいものを選んで水を吹きかけなさい」というテストに、ある魚が合格した。(参考記事:「【動画】アライグマが有名な知能テストに「合格」」

 テッポウウオの認識能力を調べる最新の研究で、画面に表示される人間の顔に水を噴射させる実験が行われ、テッポウウオは人間の顔を識別できることが判明した。結果は学術誌「Animal Behaviour」2018年11月号に発表された。

 テッポウウオはマングローブに好んで生息する魚で、自然界では、水面より上にいる昆虫などに水を噴射し、水に落として食べている。今回、研究室では餌を使ってテッポウウオを訓練し、彼らの狙撃能力を認識能力の実験に利用した。(参考記事:「テッポウウオの狙撃能力の秘密を解明」

「魚は短時間しかものを記憶できない、あるいは、ごく基本的な行動をこなせる程度の知能しかないとよく言われます」と、英オックスフォード大学の海洋生物学者で、今回の論文の筆頭著者であるケイト・ニューポート氏は言う。「けれども、食物やパートナーを探す、捕食者から逃げるといったごく基本的な行動にも、ある程度の記憶力と、かなりの知性が必要です」

 今回の研究では、訓練されたテッポウウオは、立体的に描かれた人物の顔を別の人物の顔と識別できることがわかった。それだけではない。同じ人物の顔を正面から横顔まで30°、60°、90°と回転させても認識し続けることができた。

 回転角度が大きくなると識別の精度は低下し、判断に要する時間も長くなったが、ニューポート氏によると、人間やその他の霊長類でも同様の傾向が見られるという。

「魚の進化の歴史の中で人間の顔を認識する必要がなかったことと、人間の顔の識別の難しさを考えると、人間の顔を使ったこの課題を魚がクリアしたという事実は印象的です」とニューポート氏は言う。(参考記事:「【動画】アマゾンの動物が鏡を見たらどうなる?」

魚が知性をもつのは明らか

 魚のように単純そうな動物が人間の顔を識別できるようになることは、意外に思われるかもしれない。けれどもそれは意外でもなんでもないのだ。

「むしろ、それができなかったら、私は非常に驚いたでしょう」と、ドイツのボン大学の動物学者ヴェーラ・シュリュッセル氏は語る。

 彼女は今回の研究には関与していないが、10年以上にわたってシクリッドやサメ、エイの認識能力を研究していて、その間ずっと、「ほかの動物より小さい脳をもつ魚は、愚かで原始的な動物である」という認識と闘ってきた。

参考ギャラリー:鳥の知能(2018年2月号)(写真クリックでギャラリーページへ)
キンカチョウはつがいは力を合わせて問題を解決できるのか。(PHOTOGRAPHED AT THE ANIMAL BEHAVIOR AND COGNITION LAB, DEPARTMENT OF ZOOLOGY AND PHYSIOLOGY, UNIVERSITY OF WYOMING)

次ページ:「魚の脳は単純ではありません」

おすすめ関連書籍

動物の心

知性 感情 言葉 社会

動物たちの心の世界を探求した最近の研究成果を、わかりやすく解説。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加