哺乳類の多様性、回復に数百万年、今の大量絶滅で

絶滅の危機に瀕するインドリ(マダガスカル島だけに分布する尾の短い原猿)は、1900万年前にほかのキツネザルから分岐して独自の進化を遂げてきた。インドリは50年以内に絶滅すると考えられているが、そうなると進化史の大きな部分が失われてしまう。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

【元の記事へ戻る】