哺乳類の多様性、回復に数百万年、今の大量絶滅で

人類のために約300種が絶滅、25億年分の進化の歴史が失われた、研究

2018.10.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3100万年のユニークな進化史をもつレッサーパンダは、現在、絶滅の危機に瀕している。(PHOTOGRAPH BY GERRY ELLIS, MINDEN PICTURES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
[画像のクリックで拡大表示]

 生物の絶滅は例外ではなく原則である、としばしば言われる。結局のところ、これまでに地球上に存在した種の99.9%が絶滅しているのだから、ある意味、その言葉は正しい。地球上の生命はこれまでに5回の大量絶滅を生き抜いてきた。大量絶滅とは比較的短い期間に多数の種が絶滅する現象であり、生命はそのたびにやがては回復してきた。

 ここで、「やがては」という言葉が入っていることに注意されたい。多くの科学者は、私たちが現在6回目の大量絶滅の真っ只中にいて、平常時の100倍以上のペースで絶滅が起きていると言う。そして、2018年10月15日付けの学術誌「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に発表された研究によれば、私たち人類のせいで起きている大量絶滅から哺乳類が立ち直るには、数百万年かかるようだ。(参考記事:「6度目の大絶滅。人類は生き延びられるか?」

過去とは異なるパターンの絶滅

「哺乳類が回復するまでには、どう見ても長い時間がかかります」と、デンマーク、オーフス大学の「変化する世界における生物多様性センター(BIOCHANGE)」に所属する古生物学者で、論文の筆頭著者であるマット・デイビス氏は言う。

 デイビス氏は、生態学者のセーレン・ファウビー氏とイェンス=クリスチャン・スベニング氏の協力を得て、人類による哺乳類への影響がすでにあったとされる約13万年前からこれまでに、哺乳類だけでどのくらい進化の歴史が失われたかを調べた。彼らは、絶滅した哺乳類の種の数(興味のある方のために言うと約300)を数え、さらに、それぞれの種の進化史における独自性、つまり、種が分かれてからの時間の長さを決定した。

 生命の系統樹を考えると、進化的独自性は、それぞれの種や種のグループがついている枝の長さに相当する。枝の長い種ほど、共通祖先から分岐してからの変化が大きいことになる。研究チームのモデルによると、過去20万年間に地球から失われた進化の歴史は計25億年分に相当するという。単に種の数だけでなく、こうして進化の歴史も含めて評価される多様性を「系統的多様性」という。

「多くの大型の動物が絶滅したことで、機能的な多様性がごっそり失われ、系統樹のいちばん長い枝が数本消えました」とデイビス氏。「このようなパターンは、化石記録からわかる過去の絶滅には見られません。私たちは地図のない領域に入ろうとしています」

 現在の絶滅のペースを考えると、今後50年でさらに多くの哺乳類が失われ、いまのレベルまで系統的多様性が回復するには300万~500万年かかるだろうと著者らは計算する。ヒトが出現する前の哺乳類の多様性を取り戻すには500万~700万年だ。また、大型の動物は小型の動物よりも進化に時間がかかるため、マンモスをはじめ、2000~5万年前に絶滅した大型哺乳類の多様性を回復するには、さらに長い歳月を要する。ちなみにこれは「最もうまくいった場合のシナリオ」だとスベニング氏は言う。(参考記事:「巨獣はなぜ消えた?」

次ページ:回復に要する時間の長さに「ぞっとしました」

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加