【動画】カレイは海底を器用に「歩く」と判明

研究者が解析、歩き方はなんとヤスデにそっくりだった

2018.10.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ヒレを使って「歩く」カレイ
最新の研究により、カレイがヒレを使って波のような動きを作り出し、海底を「歩いている」ことがわかった。(解説は英語です)

 カレイは、脚がないのに海底を素早く移動する。その移動方法はなんと、世界屈指の脚の数を誇るあの生物からヒントを得ているらしい。ビデオを使った最新の分析で、カレイの独特の「歩き」ぶりが、ヤスデの歩き方に驚くほど似ていることがわかった。

 カレイは、ただでさえ奇妙な生き物だ。生まれた時は普通の魚っぽい外見だが、間もなくピカソの絵さながらの変貌を遂げる。頭骨の中の骨と軟骨がねじれて位置を変え、片方の目が頭頂部を越えて、反対側の目のそばへ移動する。(参考記事:「インテリジェント・デザインと矛盾する古代魚」

 この変化により、カレイ目(カレイ、ヒラメ、オヒョウなどを含むグループ)は「地球上で最も非対称な生物」になっていると話すのは、米コーネル大学で魚類の運動を研究する博士課程の学生、クレア・フォックス氏だ。「カレイは自然が作った変わり者です」

ギャラリー:姿を隠す動物たち 写真43点(写真クリックでギャラリーページへ)
木の幹に隠れるゾウ、木の葉や枝になりきる昆虫、雪景色にまぎれるキツネなど、自然界にはさまざまな方法で周囲に溶け込み身を守る生物たちがいる。(PHOTOGRAPH BY JESSI KINGAN, NATIONAL GEOGRAPHIC YOUR SHOT)

 風変わりな姿になったのは、海底での生活に適応した結果だ。平たい体の縁から伸びたたくさんの鰭条(きじょう、魚のヒレを支える線状の構造)は、ヤスデの脚さながらだ。学術誌「Zoology」2018年10月号に掲載されたフォックス氏らの報告によると、カレイは鰭条のうち数本を束にして、海底を押しながら前に進んでいるという。

 この方法は、ヤスデの歩き方に非常に似ている。ヤスデは2本1組の脚を連続で持ち上げ、波打つように脚を動かすことで、自分の体を前に押し出している。(参考記事:「【動画】ヒヨケムシ VS ヤスデの死闘、貴重な映像」

カレイは変わった方法で海底を移動する。最新の研究で、カレイはヒレをヤスデの脚のように動かして進んでいることがわかった。写真はイギリスガレイ。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ:水中を「歩く」魚たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加